Windows 10は初期化してもWindows 10のまま


win10_1

7/29にアップデートが配信開始されたMicrosoftの新OS「Windows 10」。皆様の環境にはもう降ってきたでしょうか。自分のところは降ってくるのを待てず結局手動アップロードしてしまいました。手動アップロードの方法はあちこちですでに紹介されているのでそちらをごらんいただければ。

個人的にちょっと感心したのはタイトルの通り「初期化してもWindows 10のまま」ということです。Windowsタブレット「Lenovo Miix 2 8」を使っていましたが、初期化すると購入状態に戻ってしまい、そこからもう一度Updateをやり直さなければいけないのが本当に手間でした。

Windows 10の場合、「この PC を初期状態に戻す」メニュー内容は以下のようになっています。

win10_2

ここで上から2番目の「すべて削除する」を選ぶと、Windows 10のOSやアップデートは保持したまま、ファイルやアプリ、設定をすべて消去します。Miix 2 8で試しましたが、LenovoのプリインストールアプリやOfficeのインストーラーなど本当にきれいさっぱり消えました(ドライバーは残っているため動作には支障なし)。一番下の「出荷時の設定に戻す」とすると購入時のWindows 8.1に戻るのだと思います(試していません)。

余談ですがWindows 10にしてからはMiix 2 8の「充電完了後に画面が点灯できなくなる」「タッチパネルがいきなり機能しなくなる」といった事象は発生していません。Windows 8.1の時より安定したかもしれません。トラブル続きでろくに使えていなかったMiix 2 8ですが、Windows 10にして真価を発揮できるかもしれません。

FREETELのマイページがいろいろ怖い


freetel_sim

先週あたりからFREETELのMVNO SIMを使ってみていますが、登録情報や利用状況を確認するWebページ、いわゆるマイページについていろいろと。マイページの内容は以下のようになっているのですが、

image

個人的にちょっとどうなんだろうと思ったのが「顧客情報照会」。「照会」という名前が示す通り、見るのみで「変更」するWeb画面が用意されていません。住所や電話番号、メールアドレス、パスワードなど、変更したくても画面がない状態です。

image

変更に関してはお問い合わせフォームから行うことになっているようです。住所や電話番号などならこれでもよさそうですが、さすがにこれでパスワードは変えたくありません。

image

パスワードについては、ログイン画面でいわゆるパスワードリマインダを利用できます。一般的にこの手の機能では登録メールアドレスにパスワードリセット画面のURLが送られてくるものですが、「パスワードをリセットし、新パスワードをお知らせします。」と画面に書かれているので、メールに平文でパスワードそのものが送られてきてしまう雰囲気です。気軽に試す勇気はありません。

image

安いサービスということで割り切りも必要とは思いますが、最低限個人情報とパスワードの変更機能くらいはWeb画面で整備してほしいと感じます。サービス開始を優先するため取りあえず最低限でスタートというのならそれはそれで理解できるので、これからの整備に期待したいところ。

【CodeZine・記事掲載報告】マイクロソフトの新ツール「Visual Studio Code」


マイクロソフトのクロスプラットフォーム対応新コーディングツール「Visual Studio Code」 (CodeZine)

8784_07

Visual Studio 2015特集のトップバッターとして、マイクロソフトのコードエディタ「Visual Studio Code」の紹介記事を担当しました。記事作成をきっかけに、実際に業務でもHTML/JavaScriptエディタとして実用を始めています。

個人的に一番助かるのはJavaScriptのIntelliSenseです。「document.getElementByTagName?あれElementsだっけ?」といったうろ覚えのJavaScriptメソッドを高速サジェストしてくれます(その分人間の頭脳が退化していきますがw)。そのほかPHPでもJSONでもXMLでも、難しいことを考えずとりあえずCodeで読み込ませておけばなんとかなります。ぜひお試しいただければ。

【悲報】新PCにインストールしたWindows 8.1がレガシーモードだったのでインストールやり直し


Windows 8.1クロスロード:第9回 UEFIサポートとセキュアブート (1/2) (@IT)

先週自宅PCのマザーボードなどを入れ替えたのですが、ふとしたことで起動時にWindowsロゴが出ていることに気づきました。そういえば最近のPCは起動時にWindowsロゴではなくマザーボードベンダーのロゴが出るなあとかいろいろ調べたら、せっかくの新PCにWindows 8.1が「レガシーモード」でインストールされていることが判明。「UEFIモード」というのにすればマザーボードベンダーのロゴが出るようになり、起動速度も上がるらしいと。

これからWindows 10に更新するというときにレガシー要素は残しておきたくないので、UEFIモードに切り替えようとしたのですが、冒頭の記事によると

最初にレガシーモードでインストールしてしまうと、後でUEFIモードに変更することはできない。

…orz。

泣く泣くもう一度OSクリーンインストールから環境づくりをやり直しました。というか自分の前のPC(AMD Phenom II X4)の時代にはUEFIモードとかなくてすっかり浦島太郎状態でした。やはり定期的に新しいものに触れておくのは大事ですね。

なおUEFIモードでインストールするには、マザーボードのBIOS画面(※厳密にはBIOSではないのでしょうが便宜上こう書きます)で、Windows 8.1のインストールメディアが書き込まれたUSBメディアを選択するときに「UEFI:」と書かれている選択肢から起動します。最初にやった時はBIOS画面をろくすっぽ見ない状態で(レガシーモードで)インストーラーが勝手に起動してしまったため気づけなかったようです。