【悲報】新PCにインストールしたWindows 8.1がレガシーモードだったのでインストールやり直し


Windows 8.1クロスロード:第9回 UEFIサポートとセキュアブート (1/2) (@IT)

先週自宅PCのマザーボードなどを入れ替えたのですが、ふとしたことで起動時にWindowsロゴが出ていることに気づきました。そういえば最近のPCは起動時にWindowsロゴではなくマザーボードベンダーのロゴが出るなあとかいろいろ調べたら、せっかくの新PCにWindows 8.1が「レガシーモード」でインストールされていることが判明。「UEFIモード」というのにすればマザーボードベンダーのロゴが出るようになり、起動速度も上がるらしいと。

これからWindows 10に更新するというときにレガシー要素は残しておきたくないので、UEFIモードに切り替えようとしたのですが、冒頭の記事によると

最初にレガシーモードでインストールしてしまうと、後でUEFIモードに変更することはできない。

…orz。

泣く泣くもう一度OSクリーンインストールから環境づくりをやり直しました。というか自分の前のPC(AMD Phenom II X4)の時代にはUEFIモードとかなくてすっかり浦島太郎状態でした。やはり定期的に新しいものに触れておくのは大事ですね。

なおUEFIモードでインストールするには、マザーボードのBIOS画面(※厳密にはBIOSではないのでしょうが便宜上こう書きます)で、Windows 8.1のインストールメディアが書き込まれたUSBメディアを選択するときに「UEFI:」と書かれている選択肢から起動します。最初にやった時はBIOS画面をろくすっぽ見ない状態で(レガシーモードで)インストーラーが勝手に起動してしまったため気づけなかったようです。

【CodeZine・記事掲載報告】WebライブラリマネージャBower


Web開発ライブラリを自動的に入手できるパッケージ管理ツールBower (CodeZine)

8765_001

今回のCodeZine記事はBower、Web開発に用いるライブラリのパッケージマネージャです。必要なライブラリを指定すると、依存性を自動的に解決してまるっとライブラリをダウンロードしてくれます。

自分の周りではWeb開発のライブラリを「手動でかき集める」ことが多かったので、これはぜひ活用していきたいなと。

Windows 10に備えて自宅PCを更新


CPUとマザーボードとSSDだけ入れ替えてみました。占めて46,000円(税込)なり。マザーボードの延長保証を付けて、端数はポイントで相殺しています。

・CPU:Intel Core i5-4460
・マザーボード:ASUS H97-PLUS
・SSD:OCZ Arc 100 240GB

なおメモリは前環境からキャリーオーバーです(ADATA DDR3 1333 2GB×4)。

これまでの環境Phenom II X4 945でもそれほどパワー不足は感じていなかったのですが、ディスクのパフォーマンスが足を引っ張っている感じだったのでSSDを導入、一度OSをインストールしてしまうとマザーボードやCPUを入れ替えるのが面倒になるのでこのタイミングでまとめて更新してしまいました。

1日足らずでOSのインストールから環境の復元からすべて終わり、この記事はすでに新環境で書いています。SSDは快適ですし、安定していい感じですね。直近はWindows 8.1 Updateを稼働させて、7/29のWindows 10リリースを待ちたいと思います。

最近のPCスペック進歩の鈍さを考えると、スペックアップを目的とした部品入れ替えは今回最後かも。余談ですが旧環境の光学ドライブがパラレルATAだったため、新しいマザーボードにつながらなくなってしまいました。まあ光学ドライブを使う機会もそれほどなくなってきているので直近はこのまま放っておきます。

【S-MAX・記事掲載報告】ASUS ZenFone 2の初期不良(?)に当たってしまい3週間お預け


SIMフリースマホが壊れたらどうする?発売日に購入したASUSの新機種「ZenFone 2」の調子が悪いのでサポートに連絡した結果【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

30160e96

ASUSのSIMフリースマートフォン「ZenFone 2」を発売日に購入したらバイブレーションが機能しない事象に見舞われて、サポートに送ったら事象再現せずそのまま送り返されてきて、結果購入後3週間ほど使えなかったという話題です。

センターで事象再現しなかったのが本当に謎です。こちらではフルリセットも何度もしたし、センターの人からの電話指示でUSBコネクタの抜き差しをしてもバイブレーションしなかったし(※充電開始時にバイブレーションする仕様)。「引きが弱かった」「縁がなかった」としか言いようがない状態で残念な限り。

【S-MAX・記事掲載報告】Google フォトのプレビュー画像URLはアクセス制限がない


隠したくて非公開設定した写真が覗き見されるかも!?オンライン写真サービスの意外なリスクを「Google フォト」で試す【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】 (S-MAX)

61f5dae5

16メガピクセル以下の画像は縮小されずに無制限で保存できる(ただしファイル圧縮は行われる)ことで話題の「Google フォト」。セキュリティ的にどうなんだという話題です。画像を表示して画像のURLを取得し、ログインしていない他のブラウザでURLをロードすると画像が出てしまう現象を説明しました。

この手の話題は過去にいろいろ調べたことがあって、クラウドストレージ系は比較的しっかりセッションで縛っているのですが、SNS系はゆるいサービスが多いようです。すでにGmailをどっぷりつかっていて今さらという感じもしますが、写真はメール以上にプライベートな情報といえるので、利用は各自のご判断で。自分は拾い物画像置き場として利用しつつ様子を見たいなと。