【お知らせ】ブログのSSL対応について


本ブログでSSL(HTTPS)のアクセスができるようになりました。

【非SSL】http://blog.bari-ikutsu.com
【SSL】https://blog.bari-ikutsu.com

当面の間は、SSL/非SSLのどちらでもアクセスができます(ただし、ページ内の遷移リンクはSSL設定)。なお、一部の古いページで、埋め込みコンテンツが非SSL(いわゆるmixed content)のためにブラウザで警告が表示されることがあります。気になる方は非SSLでアクセスしてみてください。

業界の流れとして、WebページはすべてのコンテンツをSSL(HTTPS)で提供するようになりつつあります。本ブログに限って言えば、SSLである必然性はあまりないのですが、流れには乗っておきたいということでご理解いただければと。

【買った】【いまさら】Pokémon GO Plus


pokemon_go_plus

大丸札幌店の上階に最近移転した「ポケモンセンターサッポロ」になんとなく立ち寄ってみたら、山のように置いてあったので確保。Nexus 5X(Android 7.1.1)と接続して使ってみています。スマホの画面をオフに(スリープ状態に)していても、アプリが動き続けるようになるのはいいですね。

【読書】通信業界の裏側が分かる2017


通信業界の裏側が分かる2017 (Amazon.co.jp)

なんとなく本が読みたくなって購入。2017と書いていますが、初版が2016年10月24日なので、2016年後半くらいまでのトピックがいろいろと書かれています。日経コミュニケーションとかテレコムインサイドとかの記事を再編集したものなのでしょうね(定期購読していないのでわかりませんが)。

個人的には、総務省の指導やMVNOといった携帯電話の話題もさることながら、PSTN移行問題やNTT東西の光コラボ事例など、固定系の話題に興味深い内容がありました。2016年までの通信業界を概観するにはよい内容ではないでしょうか。(このジャンルに興味がある人ならば)軽く読めるのでは。

【CodeZine・記事掲載報告】Angular 2のルーター活用


URLとリンクでコンポーネント表示を切り替える「Angular 2」のルーター (CodeZine)

9887_001

JavaScriptライブラリ「Angular 2」の解説シリーズ記事です。今回は画面に表示されるコンポーネントをURLで切り替えるルーター機能の説明です。

この連載を通して、自分自身もいろいろ勉強させてもらっています。視野が広がっていい感じです。

【CodeZine・記事掲載報告】Wijmo(ウィジモ)をAngular 2で使う


最新フレームワーク「Angular 2」と組み合わせて「Wijmo(ウィジモ) 5」を使おう (CodeZine)

9899_005

グレープシティのJavaScriptライブラリ「Wijmo」活用シリーズ記事です。もともとWijmoはAngularJSとの親和性を備えていましたが、AngularJSの次世代バージョン「Angular 2」にも対応したという内容の記事です。

WijmoのコンポーネントとAngular 2のコンポーネントの親和性が高く、Angular 2の一部として使いやすい感じに仕上がっています。体験版もダウンロードできるので、興味のある方はぜひ。