月別アーカイブ: 2008年10月

Yahoo!ケータイトップページのパケット料金が有料に


「Yahoo!ケータイ」トップページについて (SoftBank)

現在、SoftBankのWebサービス「Yahoo!ケータイ」のトップページはパケット料金が無料ですが、2009年2月1日からは0.21円/パケット(パケットし放題加入時は0.084円/パケット)の有料になるという話題です。

う~ん、何ともあくどいですねぇ。新機種発表会では何も言わずに、その翌日にしれっと改悪を発表するあたり、確信犯と見ました。SoftBankの場合、「Y!」ボタンを押すと有無を言わさずYahoo!ケータイのトップページに行くため問題は深刻です(他社はボタンを押した後メニューでトップページの表示を選択して初めて通信する)。

私自身SoftBankは2回線(iPhone含む)使用していますし、SoftBankは携帯電話への挑戦者としてそれなりに応援もしています。孫社長もいろいろ言われる人ですが、個人的にはその手腕に一定の評価もしています(私に評価されてもうれしくないでしょうがw)。ですが、今回の施策ははっきり言ってがっかりです。施策の内容もさることながら、新機種発表会を盛り上げた直後にこっそりと改悪を発表するその姑息な姿勢が気に入らない。挑戦者ならもっと堂々と挑戦してほしいと思う限り。

こういうことをしていると、SoftBankの経済状況はやはりまずいのではないかと勘ぐられてもしょうがないと思いますよ->SoftBank様へ

SoftBank冬モデル


発表されましたねぇ。931SHの画面の大きさとウィジェットに驚き、TOUCH DIAMONDとTOUCH PROが海外モデルの姿のままのダイヤモンドカットの背面で登場したことに歓喜し、830CAのペンギンに(昔使っていたW41CAを思い出して)懐かしさを覚え、NokiaモデルにSoftBankロゴがつかないことに感動し…と、全体に非常に盛りだくさんでした。

発表会の印象としては、孫社長だけでなく協業メーカーやコンテンツプロバイダの人が出てきて、協業しているんだよと言うことを強調している印象でした。私はこの辺、世間でささやかれていた危機説を払拭したいという意図を読み取ったのですがいかがでしょうか。

その危機の話ですが、SoftBankがとりあえず当面は大丈夫そうだと言うことが確認できた感じです。少なくとも機種を見る限りはSoftBankはやはり挑戦者としての勢いというかがむしゃら感を感じました。

最大のサプライズはiPhoneの絵文字対応(これは以前から噂がありましたが)と、外付けのバッテリー兼ワンセグチューナーですね。特に、バッテリー兼ワンセグチューナーは、そのバッテリーをiPhoneへの給電とワンセグチューナー(およびiPhoneへワンセグ動画を送信するためのWi-Fiデバイス)の駆動に兼用するという、何というか消しゴム付き鉛筆のような発想に感服です。

iPhone_battery

iPhoneは「日本のケータイにできることができないから仕方ないよ」といって売ってもそれなりの売り上げを望めるデバイスですが、そこに安住することなく「でも日本のユーザーにはこれが必要なんだ」という主張を曲げずにそれを実現したあたり、SoftBankのiPhoneにかける本気度を感じました。「ケータイをインターネットマシンにする」という孫社長の主張も、なんだか裏付けができてきたなあという感じで。

先日発表されたauの冬モデルと比較して、質的にも量的にもSoftBankが完全に上回ったなと言うのが個人的な印象です。あとは来週11/5にdocomoがどんな発表をするか(だいたいわかってますけどねw)、ケータイが売れなくなったとは言いますが、この冬商戦はおもしろいと思いますよ。私は個人的にdocomoを買い換えるって決まっちゃってますけどね(補足すると私はdocomo、au、SoftBank、EMOBILEのユーザーで、今回はdocomoを買い換えるということです)。

【追伸1】
とりあえず昨日今日でSoftBankがつぶれなくて安心してたりします。やっぱりSoftBank位のヒールがいた方が何かとおもしろいじゃないですか。

【追伸2】
シャープのハイエンドはFULL TOUCHこと931SHの他に、オーソドックスな折りたたみの930SHが発売されていますが、こっちはなんだか影が薄いですね。800万画素CCDカメラを内蔵したれっきとしたハイエンドなんですけど、今回の冬モデルの充実度に埋もれてしまった感じです。

【追伸3】
意外とミドルレンジモデルが充実したかなと。特にfanfun.2(830T)とfanfun petit. (831T)は、初代fanfun(815T)が長く売られたように、今回もロングセラーになるのではないでしょうか。

【追伸4】
プリモバイル機種として発表された730SC、日本語、英語、韓国語、中国語、ポルトガル語の5カ国対応というのが「らしい」なと。Yahoo!ボタンすらついていない完全なプリペイド専用設計ですね。

【追伸5】
C01SWというUSBスティック型データ通信端末が発表されていますが、下り7.2Mbps対応ってSoftBankの網側が対応してるんですかね?あとSoftBankってデータ通信定額プランがなかったような気がするのですが、近々発表されるんでしょうか?最近の情勢だと、定額プランがなければいくら7.2Mbpsでも売れないでしょうから期待したいところ。

SoftBank第2四半期決算


決算報告書 (SoftBank)

金融の方は素人なので細かいことはわかりませんが、とりあえず概要というか数字の受け売りだけ。

・ 連結売上高は1 兆3,289 億円(前年同期比2.6%減)
携帯電話端末の販売台数が前年同期比20%減となったことが主な要因
・ 営業利益は1,800 億円(前年同期比7.3%増)となり、最高益を更新
ヤフー㈱での順調な利益拡大に加え、ソフトバンクテレコム㈱およびソフトバンクBB㈱
における継続的なコスト削減が寄与
・ 経常利益は1,173 億円(前年同期比5.5%増)
・ 当期純利益は411 億円(前年同期比11.5%減)

とりあえず減収で、利益は当期純利益以外は増えていますね。

・ 移動体通信事業の売上高は7,739 億円(前年同期比5.0%減)
・ 移動体通信事業の営業利益は881 億円(前年同期比6.4%減)
・ ブロードバンド・インフラ事業の売上高は1,200 億円(前年同期比7.5%減)
・ ブロードバンド・インフラ事業の営業利益は222 億円(前年同期比17.3%増)
・ 固定通信事業の売上高は1,784 億円(前年同期比1.7%減)
・ 固定通信事業の営業利益は55 億円(前年同期比15.9 倍)
・ インターネット・カルチャー事業の売上高は1,255 億円(前年同期比13.7%増)
・ インターネット・カルチャー事業の営業利益は611 億円(前年同期比11.4%増)

移動体通信事業が売上、営業利益ともに減となっているのが少し気にかかります。最近スパボ一括など投げ売り気味になっているので、事業継続性をきちんと保ってやってほしいところ。

とりあえず明日の新製品発表を見て、SoftBankの勢いを判断したいと思います。

SoftBankの株価が気になる


今年の夏くらいに、ダブルホワイト(¥1,980)になったらケータイ趣味の一環として1株くらい持っていたいなと思っていたことがありましたが、あれよあれよという間に今日(10/28)の終値が¥650って。いくら金融危機のさなかとはいえ、日経平均が結局プラスになり、docomoもKDDIも前日比プラスで終えているときに下がりっぱなしって…。

明日(10/29)には冬モデルの発表に先駆けて第2四半期の決算発表があります。ここで孫社長がどんなことを言うか注目したいところです。

#いろいろなことを言う人がいますが、個人的にはつぶれてほしくないかなぁ。次期iPhoneも使いたいし

Kitacaコンテンツの数々


Kitacaウィジェット・ブログパーツ・壁紙 (JR北海道)

ちょwwおまwwいつの間にwww。K-MAX BLOGで2106bpmさんに教えてもらいました。

ウィジェットとかなにげにAdobe AIRだし、ブログパーツも壁紙もやたら力はいってるし。これはやはりKitacaモモンガアニメ化への第一歩か?www。

というわけで、とりあえずこのブログにもKitacaモモンガを常駐させてみました。クリックするといろいろ楽しめますのでつきあってやってください。

image