月別アーカイブ: 2009年4月

SoftBank決算発表


今日(4/30)はSoftBankグループの決算発表がありました。関連する報道を拾ってみます。

ソフトバンク、純有利子負債を15年3月期に完済へ (ロイター)

vodafone買収時に発生した大量の有利子負債を、2012年3月期に半減、2015年3月期に完済を目指すとしたそうです。2009年3月末の有利子負債は1超9365億円!とのこと。一般庶民にはまったく感覚がわからない額です。2015年といえば後6年、これだけのお金を返しきれるのでしょうか。単純に不安を感じるのは私だけでしょうか。

ソフトバンク:09年3月期の純利益60%減、特損膨らむ。営業利益は過去最高で今期も増益見通し。 (livedoor、Sakura Financial News)

こちらは利益に着目した記事になっています。純利益は特別損失750億円などが響いて前期比-60%の431億円、一方営業利益は前期比+11%の3591円で、4期連続の最高益とのこと。バリいくつ的に気になる移動体通信事業では、売上は前期比-4%、経常利益は前期比-13%と、ともにマイナスの状態です。

SoftBankの財務関係の記事が出るときには、マイナスの数字の横にプラスの数字が書いてあって、ネガティブな印象を打ち消そうとしているように思うのは私だけでしょうか。SoftBankがわかりやすくまとめている決算ハイライトを見る限り、移動体通信事業のマイナスを他の事業が補っているように見えます。移動体通信は常にインフラへの投資を要求されますし、販促にそれなりの費用もかかります。SoftBankグループ全体としてみたとき、移動体通信事業が足かせになっているのかもしれません。

それにしても今(21:50)現在、ITmediaもImpressもこの件を報じていないのは、数字の解釈に時間がかかっているためでしょうか。正直私も決算資料を正確に把握する知識を完全に持ち合わせているわけではないので、これらIT系サイトの解釈が気になるところです。

【解決】Vistaがスリープから勝手に復帰する


以前うちのメインマシン(Windows Vista、Pentium4 3.0GHz、メモリ1.5GB)がスリープ状態から勝手に復帰するという記事を書きましたが、その原因を突き止めるべく、タスクマネージャでプロセスを1つずつ殺しながらスリープを繰り返し、ついに原因となるプロセスを突き止めました。

私の場合、「VMware vCenter Converter Standalone」というアプリのプロセスがマシンを勝手にスリープ解除していたようで、このアプリを削除した後はきちんとスリープ状態を維持するようになりました。

同じような症状に見舞われている人は結構いらっしゃるようなので、何かの参考になれば幸いです。

SoftBankがdocomoのパケ・ホーダイ値下げに追随


月額定額料490円から利用可能なパケット定額サービスを提供 (SoftBank)

docomoがパケ・ホーダイ ダブルとBiz・ホーダイ ダブルの料金下限を490円に値下げすると発表した今日、早速SoftBankが追随すると発表してきました。「パケットし放題2(仮称)」と称して、料金下限を490円にそろえてきます。ただしこの場合、

「パケットし放題2(仮称)」に加入した場合には、NTTドコモのサービスと同様に、メールの送信/読出料がかかります。

なお、従来から提供している「パケットし放題」は引き続き提供してまいります。

ということで、パケットし放題2加入時は、ホワイトプランでの「SoftBank同士メール無料」という条件が外れることになります(パケットし放題の範囲に入るということですね)。従来の「パケットし放題」は継続されるとのことなので、メール無料をとるか、パケット定額下限の引き下げを取るかを選ぶことになります。個人的にはメール無料のほうが魅力があるのですが…。

なお、

また、今回のパケット定額サービスの追加に合わせ、「ホワイト家族24」や「ホワイト法人24」に加入している同一グループ内のメールは、「大容量ファイル添付」機能を含め無料となります。

最近のシャープ端末などでは、300KBを超える大容量ファイルをメールに添付することができるのですが、従来この「大容量ファイル添付」のメールは、SoftBank同士メール無料の範囲から外れていました。今回の改訂では、ホワイト家族24やホワイト法人24の同一グループ内に限り、「大容量ファイル添付」のメールも無料にするということで、こちらは文句なく改善ですね。

何より、SoftBankの他社追随はもう終わったと思っていたので、まだ追随する余力があったのかということに驚きです。おそらく孫社長が「docomoに負けるな!」とか言ったんでしょう。よっぽど予想外だったらしく、今(4/28、21:54)現在、ITmediaもImpressもSoftBankの追随を報じることができていません。久々に見ることができたこのいきあたりばったり臨機応変さこそ、SoftBankの醍醐味(?)です。

【追記】ITmediaは4/28、21:56に記事になりました。
【追記】Impressは4/28、21:48に記事になりました。21:54現在はなかったはずなのですが…

docomo夏モデルは5/19に発表


夏モデルを5月19日に発表――ドコモの山田隆持社長 (ITmedia)

今日(4/28)の決算発表で山田社長が明かしました。この時期に明かしてしまって買い控えとか大丈夫なのかと心配してしまいます。

思ったより早く夏モデルを見ることができそうですね。しかし進化の早いこと早いこと。去年11月に買ったN-01Aがさっそく型落ちですよorz。

docomoの満足度向上施策


2009年度のお客様満足度の向上やCSRなどの取組みについて (docomo)

料金面ではまず「パケ・ホーダイ ダブル」「Biz・ホーダイ ダブル」の料金の下限が490円に値下げされます。上限は変わりません。またファミリー割引・オフィス割引のグループ内のiモードメールで今まで有料だった大容量のメールも無料となります。

データ通信関係では「定額データプラン スタンダード」を新設。今までの「定額データプラン HIGH-SPEED」を置き換えるプランとなり、単純に今までより値下げとなります。また2年縛りの「定額データ スタンダード割」を導入することによりさらに割り引かれ、結果として「定額データプラン スタンダード バリュー」で1,000円~5,985円、「定額データプラン スタンダード」で1,735~6,720円の料金となります。

携帯電話の簡単な点検サービス「ケータイてんけん」、「電池パック安心サポート」サービスでは電池パックのほか補助充電アダプタも選択可能となります。

サービス面では「iコンシェル」に位置情報連動機能を追加(2009年下期)、上り通信速度最大5,7MbpsのHSUPAも首都圏駅主要駅周辺からサービスを開始します。

その他エリアに関する改善、CSRの取り組みなど、とにかく盛りだくさんの発表です。今日はdocomoの決算発表があったので、それに合わせての発表ということなのでしょうが、これだけの施策をいっぺんに発表するあたり、やっぱりお金のあるところは違うなと思ったりします。なんだかんだいってやっぱりdocomoは強いなと。