月別アーカイブ: 2010年7月

Twitter4Jの最新2.1.3は画像アップまでサポート


Twitter4J

TwitterAPIをJavaで簡易に呼び出せるようにするライブラリ「Twitter4J」ですが、最新版2.1.3からはなんと画像アップロード(TwitPicとYFrog)に対応しています。自分はケータイメールからTwitterへ投稿する自作プログラムをGoogle App Engine Java上に構築したことがあったのですが、その時はまだTwitter4JにこのAPIがなかったため、画像は別のライブラリを使ってFlickrにアップしていました。

今回はTwitPicに画像をアップするようにしてみました。コーディングは超単純。

ImageUpload.DEFAULT_TWITPIC_API_KEY = Const.DEFAULT_TWITPIC_API_KEY;
ImageUpload upload = ImageUpload.getTwitpicUploader(twitter);
pictureURL = upload.upload(fileName, inputStream);

twitterはTwitterクラスのオブジェクト、fileNameはファイル名、inputStreamは画像ファイルのストリームです。ImageUpload.DEFAULT_TWITPIC_API_KEYには、TwitPicのAPIキーを設定します(APIキーの取得はこのあたりを参考にしました)。このことに気づかず失敗したくらいで、あとは超スムーズにプログラミング完了。快適な自分専用のケータイメールTwitter投稿環境が手に入ってめでたしめでたし。

Sanyoブランド消滅、Panasonicへ


パナソニック,パナソニック電工と三洋電機を完全子会社化,将来的には「Panasonic」ブランドに統一へ (Tech-On!)

パナソニックが、2011年4月をめどにパナソニック電工と三洋電機を完全子会社化し、ブランドも原則として「Panasonic」に統一するという話題です。

eneloopとかXactiとかがPanasonicブランドになる日が来るのでしょうか。XactiはPanasonic側に類似コンセプトの商品がないのでなんとかなりそうですが、eneloopはEVOLTAと丸かぶりですよね。eneloopほど統一された世界観を持っている電池はそうなく、個人的には全部eneloopに片寄すればいいじゃないとか勝手に思っているのですが。EVOLTAファン(?)からの反論もありそうですね。

docomo次世代携帯LTEのサービスネームは「Xi(クロッシィ)」


LTEのサービスブランドを「Xi(クロッシィ)」に決定 (docomo)
「Xi」(クロッシィ) (docomo)

docomoが今年12月から開始する次世代携帯「LTE(Long Term Evolution)」のサービスネームを「Xi(クロッシィ)」とすることを発表しました。

image

パッと見た瞬間、docomoが展開しているケータイクレジット「iD」のロゴに似た雰囲気を感じましたが、まあ気のせいでしょうw。FOMAの時はまだ何も知らなくても「フォーマ」と読むことが出来ましたが、今回の「Xi」は「クロッシィ」と読ませるのは相当苦労しそう。そんなことは承知でこの名称に決めたのでしょうから、ブランド浸透にそれなりの勝算あってのことなのでしょう。

サービスは2010年12月から東名阪でデータ専用端末から開始。2011年度中には県庁所在地級都市へエリアを拡大する予定です。あわせて2011年度冬春モデルでXi対応の音声端末もお目見えする予定。…音声端末は後1年半くらいですね。今の機種(P-09A)を使い続けるか、今機種変更してしまうか微妙なタイミングw。

サービスネームが明らかになったことで、次世代携帯電話LTEがいよいよ具体的な姿を現してきた印象です。12月の時点ではデータ端末のみのサービスですが、それでも楽しみなところです。

Apple新製品、今回は周辺機器に注目


Appleから発表された新製品、iMacやMac Proにはどうせ手が届かないので、比較的お手軽にIYHしやすいと思われる周辺機器に注目してみたいなと。

今回話題を振りまいている、外部接続型トラックパッド「Magic Trackpad」。マルチタッチに対応し、ピンチや慣性スクロールなどに対応します。BluetoothによりMacとワイヤレスで接続できます。6,800円なり。

image[6]

もっとお手軽なところで言うと、「Apple Battery Charger」。単3型ニッケル水素充電池6本と、2本を同時に充電できる充電器のセットです。充電池は自己放電が少ない点が、充電器は完全充電後の待機電力が少ない点が売りです。2,800円なり。

image

充電器、4本同時に充電できればよかったのにと思います。電池の方は多分どこかのOEMでしょうね。「Magic Trackpad」は、Webブラウジングなど「見る」ことをメインにPCを使っている人には便利そうです。反面、フォトレタッチや開発など、ポインタを1ピクセル単位で動かすような用途だとイライラしそうですね。ともあれ一度は触ってみたい感じです。

Yahoo! JAPAN & Google、Yahoo! & Bingという複雑な図式


Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表 (ITmedia)

Yahoo! Japanの検索エンジンと広告配信がGoogleのものになるそうです。アメリカのYahoo!はMicrosoftの「Bing」を使用すると発表済みですが、同じ「Yahoo!」でもアメリカと日本で使う検索エンジンが異なるという結果に。なんとなく三角関係を思わせてドキドキ(嘘)。

また国内の検索シェアで見ると、1位のYahoo!と2位のGoogleを合わせた、実に9割がGoogleのエンジンという独占状態になります。個人的にはGoogle使いですが、Googleでうまく見つけられなかったニッチな技術情報を他の検索エンジンで見つけた経験などもあるので、選択肢が減るのは残念です。これを機会にBaiduやNAVERなど使ってみようかとも思っています。あ、gooを素で忘れていました。国産検索エンジンとして頑張ってほしいです。いや本当に。