月別アーカイブ: 2012年3月

docomoの第2世代携帯電話「mova」、3/31終了まであとちょっと


movaサービスをご利用いただいているお客様へ (docomo)

次世代高速通信「Xi」(クロッシィ)の展開を加速させているdocomoですが、その一方で第2世代携帯電話「mova」のサービスが終わろうとしています。3/31でサービスを終了し、4/1以降は一切使えなくなります。

image

正確に言えば今回終わるのはデジタル方式(PDC)の「デジタル・ムーバ」。1993年からの開始なので20年近くサービスしていたことになります。デジタル化により収容可能な回線数が増え、携帯電話の普及に貢献しました。また携帯電話とインターネットを結びつけた「iモード」のサービスもデジタル・ムーバからでしたね。

mova終了後、その周波数帯域は800MHz帯の再編にあてられ、次世代通信に有効に活用されることになります。大任を果たしたmovaに拍手。

au iPhone 4SのMMS対応などが4月中旬以降に延期、MMSのサービスイメージも明らかに


iPhone 4Sの今後の機能対応予定について (KDDI)

auのiPhone 4Sにおいて当初3月末までの対応を予定していた「MMS」「ビジュアルボイスメール」「国際SMS」でしたが、前2者は4月中旬、後1者は4月中旬以降順次ということで延期になってしまいました。

image

ただ今回の発表で、対応の具体的な内容が見えてきました。MMSについては、auのEメール(@ezweb.ne.jp)が「メッセージ」アプリで利用可能になるとのこと。auのEメールについてはすでに「メール」アプリでリアルタイム受信を実現していますが、これに加えてMMSにも対応することになります。メールに関しては完全にSoftBankを追い抜きますねこれ。

また注2)として「ソフトウェアアップデートの開始に伴い利用可能になります」という記述があるので、今回の延期はもしかしたらApple都合なのかもしれません。

今回の対応が完了すれば、auでiPhoneを売る体制がようやく整いますね。4Sもさることながら次期モデルにも期待したいです。

GALAXY Note日本上陸!4/6発売


「docomo NEXT series GALAXY Note SC-05D」を開発 (docomo)

28_00-128_00-2

前々から噂のあった5.3インチ大画面スマートフォン「GALAXY Note」が正式発表。docomoから「SC-05D」として登場します。3/29から事前予約、発売は4/6です。

GALAXY Noteは大画面と専用ペン「Sペン」で画面をタッチしたり絵を描いたりできる特徴を持ち、スマートフォンとタブレットの中間を狙った個性的な商品。世界中で大ヒットした端末でもあります。日本バージョンではLTEサービス「Xi」のほかワンセグにも対応します。OSはAndroid 2.3。4.0へのバージョンアップjも予定されています。

Samsungの日本展開端末には珍しく、最初からホワイトが用意されます、というかホワイトしか用意されません。結構思い切った戦略ですね。それなりに魅力はあるのですが、この時期だともう夏モデルが気になるのも事実なわけで微妙な気持ち…。

日本通信のLTEモバイルルーターと「カメレオンSIM」サービス


日本通信、最小・最軽量の4Gルータを発売 (日本通信)
日本通信、4G対応SIMを「カメレオンSIM」の名称で発売 (日本通信)

おもにdocomoから回線を借り受けてサービスしている日本通信からLTE絡みの新商品が発表されています。

まずは「最小・最軽量」を打たるLTEモバイルルーター「b-mobile4G WiFi2」。容積55cc、重さ95gの小型軽量ボディが特徴です。通信時間が5時間(LTE)と、最近リリースされたEMOBILE LTEのルーターより見劣りしますが、そこはバッテリーより軽さ/小ささをとったということなのでしょう。

b-mobile4GWiFi2_L

同時に発表されたLTE対応SIMが「カメレオンSIM」。

chameleonSIM_normal_L

最初に5,800円で21日間速度制限なしで利用した後は、

1. U300定額(2,480円、30日間)
2. 高速定額(5,400円、30日間)
3. 1GB フェア(8,800円、120日間)

を有効期間ごとに切り替えながら使えます。コロコロと切り替えられるからカメレオンというわけですね。ずっとフルフルに使うならば(例えばEMOBILE LTEの3,880円/月に比べて)割高ですが、使わない時は安いプランに逃せるので工夫次第でお得に使えるかも。

日本通信といえば、過度なMNPインセンティブにぶち切れて抗議して自社の音声プランに解約金を導入したり何かと話題ですが、今回のように製品で話題になってほしいなと個人的には。

docomoスマートフォン、Android 4.0へ大量バージョンアップ


「docomo with series」「docomo NEXT series」「ドコモ タブレット」(18機種)の Android4.0へのバージョンアップについて (docomo)

docomoがこの7月以降順次「Android 4.0」にバージョンアップするスマートフォンのリストを発表しました。

【docomo with series】
・REGZA Phone T-01D
・AQUOS PHONE SH-01D
・LUMIX Phone P-02D
・PRADA phone by LG L-02D
・MEDIAS ES N-05D
・Xperia acro HD SO-03D

【docomo NEXT series】
・GALAXY S II SC-02C
・GALAXY S II LTE SC-03D
・Optimus LTE L-01D
・ARROWS X LTE F-05D
・MEDIAS LTE N-04D
・Xperia NX SO-02D
・P-04D
・AQUOS PHONE SH-06D/SH-06D NERV

【ドコモ タブレット】
・GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
・ARROWS Tab LTE F-01D
・GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D
・MEDIAS TAB N-06D

また以下の機種についてはAndroid 4.0へのバージョンアップを「検討中」とのこと。

・Disney Mobile on docomo F-08D
・Disney Mobile on docomo P-05D
・F-12C
・Xperia PLAY SO-01D
・Xperia ray SO-03C
・Xperia acro SO-02C
・Xperia arc SO-01C

バージョンアップ確定組は冬モデルのハイエンド寄り端末+GALAXY S IIというラインナップですね。正直docomo端末がここまでバージョンアップされるとは思いませんでした。「検討中」の端末も何を検討しているのかは不明ですが、F-08Dはハード的にはT-01Dと同等ですし、Xperiaシリーズは海外でもAndroid 4.0バージョンアップが予定されているので、docomoの都合が問題なければバージョンアップされるのではないでしょうか。P-05Dが「検討中」で、姉妹機のP-04Dが検討すらされていないのはちょっと不思議。 きちんとNEXT seriesのリストに含まれていましたね、P-04D。漠然としたイメージでwithだとおもっていたので勘違いしました。失礼いたしました。