月別アーカイブ: 2012年10月

自宅PC環境を一気にWindows 8化してみた


2012/10/26にリリースされた新しいWindows「Windows 8」。タッチパネルに最適化されたスタート画面に賛否両論渦巻いている現状ですが、新しいものを常に追い続ける習性上、自宅メインPCをさっそくWindows 8化してみました。

スクリーンショット (5)

自宅PCの属性はこんな感じ。2009年に作ったマシンです。

・CPU:AMD Phenom II X4 945(3.0GHz)
・メモリ:8GB
・HDD:Cドライブ500GB、Dドライブ2GB
・マザーボード:GIGABYTE MA785GT-UD3H
・グラフィック:オンボード

Windows 8はダウンロード販売で入手。USBメモリにインストールイメージを書き込んでインストールする方法を選択しましたが、特に引っかかるところもなくスムーズに導入完了できました。

3年前のスペックですが、普通に使う限りではWindows 8をストレスなく使うことができます。必要スペックが「Windows 7と同じ」という触れ込みはあながち間違っていないかと。

特に起動や休止状態からの復帰がWindows 7より高速化されたのは非常に大きいところ。私の環境ではWindows 7の初回起動がとてつもなく遅かったので、これだけでWindows 8にした甲斐があったというものです。

トラブルとしては、Windows 8マシンに接続されているプリンタ(EPSON PM-A890)をネットワーク共有したとき、Windows XPでプリンタを利用できないこと。どうもWindows 8からプリンタドライバの仕組みが変更されているようで、Windows 7あたりに対しては後方互換の仕組みが用意されているものの、Windows XPではその仕組みがうまく動きません。Web上でも同じような症状が報告されていましたが、本質的な解決策はないような雰囲気。

妻のマシンでプリンタが使えないという事象になってしまったので、これを機会にCPU・メモリ・HDD・マザボを使っていないケースに組み込んで、妻のマシンもWindows 8にリプレース。今のところ問題なく使っているようです。

新しいスタート画面のインパクトが話題になることが多いWindows 8ですが、ひとたびデスクトップ画面に切り替えてしまえば想像以上に「Better Windows 7」で、スタートメニューがないことやチャームの表示などに慣れてしまえば快適に使うことができます。個人的には結構満足度の高いバージョンアップとなりました。

【読書】Windows 8 スーパーマニュアル(富士ソフトに思いをはせながら)


Windows 8 スーパーマニュアル (Amazon.co.jp)

ヨドバシでWindows 8の予約コーナーのところに置いてあったのを見かけて、そのあと紀伊國屋で購入しました。著者がシステム開発会社「富士ソフト」となっています。

秀和システムだし技術本サイズで厚みも結構あるのでハードな内容なのかなと思いつつ、フルカラーでWindows 8の操作方法をステップバイステップで解説した初心者向けの内容でした。Windows 8って何者?という人はもちろん、ある程度Windows 8体験済みの人でも、操作体系を網羅的に確認できるという意味では悪くない内容です。

…内容自体は悪くないのですが、誤植はそこそこあります。いくらなんでも「無線RAN」はないだろうw。また「言葉へのこだわりがないのでは」と感じさせる記述が随所にあります。

・「Windows8」と「Windows 8」が混在(Microsoft公式記述は後者)
・「Cookie」と「cookie」が混在(どちらも使われるが同じ文章の中では統一するべき)
・「Internet explorer」(公式記述は「Internet Explorer」)
・「Windows LIVE」(公式記述は「Windows Live」)
・「X box」(公式記述は「Xbox」)
・「office Web App」(公式記述は「Office Web Apps」)
・「office365」(公式記述は「Office 365」)
・「One Note」「one note」(公式記述は「OneNote」)

言っている事はわかるのですが、この微妙な用語のずれが文章を素人くさく感じさせてしまいます(物書きを生業とする人はこのような用語にものすごく気を使います)。

執筆者(=末端で手を動かして原稿を書いた人)が、本来執筆を生業としていないのかなあと。著者が富士ソフトなだけに、システム開発の空き要員を執筆に回したのではとも邪推してしまうのは心が汚れている証拠ですね。

【S-MAX・記事掲載報告】iPhone 5でmicroUSBケーブルを使える「Lightning to Micro USB Adapter」


使い慣れたmicroUSBケーブルをiPhone 5で利用可能! 国内未発売の「Lightning to Micro USB Adapter」を試す【レビュー】 (S-MAX)

355d6868

iPhone 5から導入された「Lightning」端子に、スマートフォンで一般的なmicroUSBのコネクタを接続するためのApple純正アダプター「Lightning to Micro USB Adapter」についてのレビュー記事です。

このアクセサリ、Apple純正品なのですが、ヨーロッパ地域の規制に対応するための製品なので日本では販売されていません。しかしみんなが欲しがっているようで、私が購入した通販でもTwitterで販売開始が通知されてから数分で売り切れていました…。

Appleが日本でも売ってくれればいいのですが…まあ経緯から考えれば望み薄ですね…。

【ITmedia・記事掲載報告】手帳カレンダー連携アプリ「Daily’s+」


手帳のカレンダーに書いた予定をiPhoneでも確認! 手帳とiPhoneを活用したスケジュール管理の新しいカタチ「Daily′s+」【iPhoneアプリ】 (ITmedia)

efbad838

いやS-MAXに書いた記事がITmediaに引用されただけなんですけどね。これはステマ大成功というべきでしょうか。

ところで写真に写っている手帳の予定を書いたのは私です。もちろん本当の予定ではありませんが、さすがに白紙では記事にならないだろうということでガーッと書いたので「jPhone6」やら「HardBank」やらなんだかわけのわからないことになっていますw。

10/9:SoftBank、10/11:docomo、10/17:KDDI


2012年冬 – 2013年春 新商品発表! (SoftBank)

携帯電話冬商戦モデルがぼちぼち発表されてきています。先行したのはSoftBank。「SoftBank 4G」対応スマートフォン6機種を柱として、テレビが見れるフォトビジョンやテレビにつないで動画コンテンツを楽しむスマートテレビ端末など個性派も。

image

ただSoftBank自体、当面最大の売れ筋はiPhone 5でしょうし、スマートフォンにしても直近の発売はHUAWEIとMotorolaの2機種で、特に本命と思われるシャープと富士通の端末は来年2月とか3月とかで、今すぐに物欲をくすぐる内容じゃないなと。

わかっている予定としては、docomoが明日(10/11)、KDDIが10/17に発表会を行いますが、個人的にはKDDIのLTEスマートフォンをずっと待っていたので注目したいところです。