月別アーカイブ: 2012年11月

【S-MAX・記事掲載報告】テレコムスクエアのレンタルモバイルルーターとNexus 7を携えて、いざドイツへ!


外でもスマホやタブレットを思い切り使いたいモバイラー必見!テレコムスクエアのレンタルモバイルルーターをドイツで体験(準備編)【レビュー】 (S-MAX)

8d930583

旅行用にNexus 7を購入したという話題を以前に書きましたが、では旅行先での通信手段はどうするの? という課題に対する解がこちらとなります。今回はテレコムスクエア様のモバイルルーターをレンタルして、Nexus 7との組み合わせでドイツで使ってみようと思っています。

既に旅行スポットはGoogleマップに登録済み、必要な書類はGoogle Driveに格納済みという状態なので、通信できないと困ってしまうわけですがw、その辺も含めてドイツでの使い勝手をレポートできればと。

それはそうと、ZTEのモバイルルーター、シンプルでかっこいいですね。ZTEのモバイルルーターといえば日本では007Zくらいしか出回っていないのですが、あれもシンプルで好みなデザインでした。

868064b4

また今回の記事執筆では、テレコムスクエア様担当者の方の対応の細やかさが印象的でした。記事を書くにあたっていくつか確認事項があったのですが、レスポンスが非常に早く丁寧で、記事執筆がはかどりました。サポート体制がうかがえるようで好印象です。

Google謹製Androidタブレット「Nexus 7」ついに到着! Google Playで申し込んでから到着まで3日間


旅行に持っていくために発注していたGoogleのAndroidタブレット「Nexus 7」(32GB)ですが、結局こんな感じで自宅に届きました。

11/14:Google Playで申し込み

11/16:発想通知が届く(Fedexによると成田にいるらしい)

11/19:到着予定実際には11/17の午前中に札幌着

結果だけを見ればGoogle Playで申し込んでから3日後に到着とあいなりました。Nexus 7の発売直後は届くまでに時間がかかる人が多く、Web検索をしても「まだ届かない」という情報ばかりヒットするのですが、最近はだいぶ落ち着いているということなのでしょうかね。

というわけでNexus 7を記念撮影。初期設定やアプリ導入が終わっている状態なので、ホーム画面にはよく使うアプリが並んでいる状態です。

nexus_7_001

今回は持ち歩くことを意図しているため、Buffaloのケースを購入してみました。

iBUFFALO 【Nexus7専用】 レザーケース 液晶保護フィルム付 ブラック BSTPNX7LBK

装着した状態はこちら。端末に当たる部分はすべて布なので、ケースをつけることで逆に端末に傷をつけてしまうことはなさそうです。

nexus_7_002

閉じるとこんな感じ。ちょうどシステム手帳ぐらいのサイズ感・重さ感になります。

nexus_7_003

ちなみに初回起動直後はAndroid 4.1.2でしたが、

nexus_7_004

間もなくアップデート通知が表示され、アップデート後は4.2になりました。

nexus_7_005

さて、このNexus 7を持って、近々ドイツへ旅行に行ってきます。Nexus 7はWi-Fi専用モデルなので、現地での通信手段を確保しなければならないのですが、その話はまた別記事で。

旅行に備えてNexus 7のゲットを試みる


Nexus 7 (Google)

nexus_7

Nexus 7といえば、Googleが自ら提供する7インチタブレットとしてすでに有名ですが、今まではiPadも自宅にあったりすることからあまり興味がありませんでした。今回興味を持ったのは、

・旅行に行く予定があるので持ち出せるサイズのタブレットがほしい
・「届かない」という話があるが今はどうなっているのか知りたい
・Android 4.2が落ちて来ているらしいので試したい

というモチベーションですね。

発売当初はGoogle Playで申し込んでもいっこうに届かなかったという話もあるようですが、私の場合、

11/14:Google Playで申し込み

11/16:発想通知が届く(Fedexによると成田にいるらしい)←イマココ

11/19:到着予定

ということで、意外とすんなり手に入りそうな雰囲気。これから試練があるのかもしれないとガクブルしつつ待つことにします。

【S-MAX・記事掲載報告】EMOBILEのLTEスマートフォン、来春以降発売を予告


待望のEMOBILE LTE対応のAndroidスマートフォンが登場へ! イー・アクセスが来春以降発売を予告 (S-MAX)

d3bfdc5e

SoftBank絡みで何かと話題のEMOBILE(運営元はイー・アクセス)ですが、同社のLTEサービス「EMOBILE LTE」対応スマートフォンの来春以降発売が予告発表されました。HUAWEI社製のAndroidスマートフォンで、クアッドコアCPUにHDディスプレイと結構なスペック。来春だとディスプレイはフルHDというのが出ていそうですが、それでも高性能な部類に入れてよいでしょう。同時に公表された端末イメージもシンプル・ストレートで好みな感じ。このモデルからはSoftBankの網にも乗れるという話題もありますし、ちょっとマークしておきたい機種です。

docomoの手数料改定、機種変更時は0→2,100円、FOMAからXiは2,100→3,150円、UIMカードのサイズ変更12カ月に1回無料は廃止に


各種事務手数料の新設・改定について (docomo)

docomoの手数料が12/1より改定されます。

従来手数料が不要だった契約変更を伴わない機種変更時に「登録料手数料」と称して2,100円取られるようになるほか、契約変更を伴う場合の「契約事務手数料」が従来の2,100円から3,150円に値上げされます。UIMカード発行時の「カード発行手数料」は3,150円から2,100円に値下げされますが、形状変更(UIM->miniUIMのような)が12カ月1回まで無料だった制度は廃止されます。

世間一般ではそんなにそんなに頻繁に機種変更やら契約変更やらをしているわけでもないので、万人が目くじら立てるほどのことではないのかもしれませんが、まあ改悪ですよね。docomoいわく、

ご好評のスマートフォンをはじめとする端末や料金の多様化などへの対応を行いつつ、引き続き事務手続きを円滑に行っていくため

の改定としていますが、サポートに手間のかかるスマートフォンをプッシュしているのは当のdocomo自身ですよねと。そのツケをダイレクトに利用者に回すのはどうなんですかと思ってしまいます。

何より「手間がかかるようになった→手数料を上げよう」という発想が単純すぎて何の戦略性も感じないところに「おいおいdocomo大丈夫か?」と思ってしまいます。

—-

たとえばこんなのはどうでしょう?

「必要なサポートを必要なだけ『ホワイトサポート』導入!」
「シンプルサポートコースでは手数料をお得に! スマホが不安なあなたはプラチナサポートコースで完全サポート!」

みたいな感じにして、シンプルサポートコースの手数料は現行より(少しだけ)引き下げ、プラチナサポートコースでは手数料を現行より(大幅に)引き上げて、カタログにはシンプルサポートコースのほうを大きく書いて「手数料が安くなった」と錯覚させると。それでトータルでは実入りが大きくなるように調整する感じで。

もろにSoftBankをイメージして書いてますが、SoftBankがよく言われる「顧客をだます」ということは、言い換えれば「顧客によく聞こえるようにする」ということでもあるわけで、企業としてはそのくらいの工夫や戦略性があっても罰は当たらないかと思います。

今回のdocomoの発表にはその辺の工夫や戦略性が全く感じられず、単純にコストを料金に転嫁するという姿勢はどちらかというとNHKや電力会社のような独占企業の雰囲気を感じてしまいます。それだけ切羽つまっているということかもしれませんが、個人的には最近言われるdocomo不振は単純にiPhoneがないからではなく、こういうところに工夫ができなくなってきていることも大きいのかなと思っています。

【以下個人的な思いです】

端末買うときにキャリアの手続きとかいらないから、端末だけホイホイ売ってほしい…。契約変更でUIMの変更が必要な時にはそれはそれで手続きしてもらってお金も払うから、UIMの差し替えだけで済むときはこちらに任せて、その分手数料とか下げてほしい…。