月別アーカイブ: 2013年3月

jQuery Mobileの「ThemeRoller」でスマートフォン向けブログ表示の色をいじる


ThemeRoller (jQuery Mobile)

jQuery Mobileを用いたサイトのテーマファイルをブラウザ上で編集できる「ThemeRoller」を使ってみました。存在は知っていたのですが本格的に使うのは今回が初めてです。画面上の表示を見ながら色やグラデーションの具合を調整することができます。jQuery Mobileでちょっと作ってみたいという向きにはもちろん、プロユースでもカスタマイズベースのテーマを作るくらいには使えそうです。

image

で、テーマを適用してみたのがこちら。PCのブログテーマから色設定をちょっと拝借してみました。

blog_screenshot

本質的な見栄えはあまり変わらないのですが、まあ自己満足ですね。

ブログ投稿をTwitterに通知できるWordPressプラグイン「Simple Tweet」がTwitter API v1.1に対応


Simple Tweet (WordPress)

WordPressブログへの記事投稿をTwitterに自動で通知するWordPressプラグイン「Simple Tweet」。プラグインの名前とは裏腹にツイート内容をカスタマイズできるなど十分な機能を備えており愛用していましたが、Twitter API v1.1への対応が遅れていたことでJetPackのパブリサイズ共有機能に乗り換えていました。ただJetPackはツイート内容をカスタマイズできないところがそこはかとなく不満で。

ふとSimple Tweetの更新状況を調べてみたところ、3/4リリースのv1.4.0からTwitter API v1.1への対応が行われたようです。

image

Twitter API v1.1に対応したならばもう憂いはないということでSimple Tweetに戻してみました。試した限り問題なく動くようです。

なお今回のv1.1対応において「codebird」というライブラリが用いられています。Twitter APIのPHPラッパーで、v1.1にもちろん対応しています。これはこれで何かの機会に使えそうな雰囲気なので覚えておこうかと。

スマートフォン向けブログ表示の英語表示を翻訳してみた


ブログのスマートフォン表示にかかる不具合を直したついでにいろいろと設定を見直しています。現在使っているjQuery Mobileベースのテーマは海外のサイトから持ってきたものに手を入れて使っているので、当然日本語訳などついているわけもなく、まあいいかと英語のまま運用していましたが、これをきっかけに日本語化してみることに。

WordPress自体には多言語化の仕組みが用意されているので、言語リソースファイルを用意すれば日本語化することができます。参考にしたのはこのあたり。

翻訳ファイルを用意してプラグインを日本語化する

ざっくり言うと*.poというファイルを作って編集し、そこから*.moというファイルを生成してWordPressのフォルダに置けばいいらしい。*.poファイルを作る「Poedit」というツールがあるのでそれで訳を作ってみました。

image

一応一通りは日本語になっていることを確認しています。これで少しはスマートフォン向けページに漂っていた「持ってきたものをそのまま使ってます感」が減りそうです。

【お詫び】本ブログのスマートフォン版が正しく表示されない事象について


jQuery Mobileのアップデートのときにちょっとおかしくしてしまったようで、環境によってこの1週間ほど個別記事ページが表示されていなかったようです。申し訳ございません。

ちなみに原因はjQuery Mobile入れ替えのついでにjQueryを1.9.1に入れ替えた際に、テーマファイルで使用されていた非推奨のメソッドが動かなくなっていたためです。調子に乗ってバージョンアップするものではないですね。いまは非推奨メソッドを入れ替えたので問題ないはずです。

ICカード相互利用とSAPICAエリア対応でKitacaの利用範囲が拡大!うれしいがちょっと悩みも


交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります! (JR北海道、PDF)
交通系ICカード全国相互利用サービス開始記念Kitacaを発売します! (JR北海道、PDF)
札幌市交通局等におけるKitacaの利用サービス開始について (JR北海道、PDF)

本業多忙につきブログの更新が滞っておりますが、何とか生きております。

そんな多忙にかまけていたら、全国の交通系ICカード相互利用が3/23から始まっていました。JR北海道の「Kitaca」は従来よりJR東日本の「Suica」とは相互利用が可能でしたが、関東圏私鉄の「PASMO」とは相互乗り入れしておらず、東京で地下鉄など乗ろうとすると使い勝手が悪い状態でした。そのため結局空港で定期入れのKitacaとSuicaを入れ替えたりしていましたが、今回の相互乗り入れでようやくKitaca一本で行けるようになり、利便性が高まりました(というかこれが本来の姿ですよね…)。近々東京に行く機会があるためその時に試してみようかと。

併せて札幌市交通局のICカード「SAPICA」エリアへのKicata(およびSuicaはじめ今回相互利用を開始したICカード)の片方向乗り入れが6/22から可能になります(併せて札幌市電や札幌市内・郊外のバスでもSAPICAが利用可能になります)。これにより他地域から札幌に来た人が、自分のICカードで札幌の地下鉄などSAPICAエリアの交通機関を利用することが可能となります。

ただしいくつか制限があり、Kitacaなど利用によるSAPICA電子マネーの利用は不可で、SAPICAカードを利用すると自動的にたまる「SAPICAポイント」も他カード利用では付与されません。また片方向の対応のため、SAPICAカードでKitacaなどのエリアを利用することはできません。あくまでも他地域の人が一時的に利用することを想定した仕様で、札幌在住ならばSAPICAとKitacaを使い分けたほうがお得感があります。

このSAPICA乗り入れは少々悩ましいところもあります。現状SAPICAの改札機にKitacaは反応しない(逆もまた真)ので、定期入れにKitacaとSAPICAの両方を入れておけば、JRでも地下鉄でも同じタッチの操作で適切なカードが反応してくれたのですが、6/22以降はSAPICAの改札機にKitacaが反応してしまうため、SAPICAカードとKitacaカードが競合することが想定されます。上述の通りSAPICAエリアでのKitaca利用はSAPICAポイントが付与されないため使い分けることが望ましいのですが…。ICカードセパレーターなどを使って何とかするより仕方なさそうです。6/22以降検討してみたいなと。

「ICカードセパレーター」はICカードと重ねることで、ICカードの有効範囲をコントロールすることができるカードです。たとえばこんなもの。

ナフ-W1 ICカードセパレーター 両面パスタイプ (Amazon)
ナフ-W2 ICカードセパレーター片面パス・片面ガードタイプ (Amazon)