月別アーカイブ: 2015年5月

【S-MAX・記事紹介】Google フォトでは16メガピクセル以下の画像でも常に圧縮される


無料で無制限な1600万画素ってどんなサイズ?写真と動画がネットに保存できる新サービス「Google フォト」の落とし穴!?対象ファイルでも常に圧縮される【レビュー】 (S-MAX)

本ブログの記事で指摘した内容の詳細がS-MAXで紹介されています。自分の調査では調べきれなかった動画についての調査もあり、少なくともフルHDのMP4動画は(ピクセル数は変わらないものの)ファイルサイズが小さくなるそうです。

ストレージにかかる負荷を考えればそりゃそうだよねと。いくらGoogle様といっても無尽蔵にストレージを増やせるわけでもないし。

新生「Google フォト」、容量制限は緩和も常に画像が圧縮されるように!?


Google フォト (Google)

GoogleのSNSサービス「Google+」の一機能として提供されていた写真サービスが「Google フォト」として分離、単独サービスとして使えるようになりました。

image

今回最大のポイントは画像ピクセル数制限の緩和。もともとGoogle+の写真機能は「2048×2048ピクセル以下の動画アップロードは容量使用をカウントしない」ようになっており、それ以上のサイズの画像をアップロードする際は

(1a)2048×2048ピクセルに縮小(容量使用カウントなし)
(2a)そのままアップロード(容量使用カウントあり)

のどちらかの設定を選べるようになっていました。今回のGoogle フォトではこの設定が以下のように変わりました。

(1b)高品質:16メガピクセル以上の写真は16メガピクセルに縮小(容量使用カウントなし)
(2b)元のサイズ:縮小なし(容量使用カウントあり)

単純にサイズ制限が16メガピクセルに緩和されたように解釈できますし、世のネットニュースの多くはそのように報じています。しかしながら実際にいろいろアップロードしてみると、従来の制限(1a)と今回の制限(1b)は微妙に挙動が違うことがわかりました。

違いを一言で表すと以下となります。

制限サイズ内の画像をアップロードした場合、従来(1a)はファイルがそのままアップロードされるが、変更後(1b)は必ずファイルサイズの縮小処理が入り、バイナリレベルの同一性は保証されない

極端な話、新Google フォトでは1024×768ピクセルくらいの小さな画像をアップロードしてもファイルサイズの縮小処理が適用されます。実際にアップロードしてみた下の例では元画像が327kBですが、アップロード後は171kB程度になっています。

image

ピクセル数制限緩和の裏にはこのようなからくりがあったというわけです。現実的に見て差がわかるほどの変化はないのですが、ピクセル数制限以下のファイルであっても元ファイルが残るわけではないことに注意が必要かと。

なおこの挙動には抜け道があって、現状PNGファイルは(16メガピクセル以下であれば)ファイルサイズの縮小処理が行われないようです。PNGというファイルの性質を考えれば妥当な挙動かと。逆に言えばJPEG画像はもともと不可逆なので、Googleが最適化してファイルサイズを削ったところで文句をいえる立場ではないかもしれません。癖を知って賢く使いたいところです。

動画についてはまた別途調べてみたいところ。

【朗報】VPS「ConoHa」の新サービスはIPv6対応


ConoHa

image

ドキュメントを見る限りIPv6対応がうたわれていない「ConoHa」の新VPSサービス。実際に使ってみたところ普通にIPv6対応していました。デフォルトでIPv4アドレスが1個、IPv6アドレスが17個割り当てられます。それならそうとどこかに書いておいてくれればいいのに。一人で騒いでしまい恥ずかしい限りです。

さっそくといってはなんですが、このブログもすでにConoHa新サービスで稼働しています。もともと3プロセッサ / メモリ2GB / ディスク200GBという多少オーバースペックなプランで運用されていたので、これを機に2プロセッサ / メモリ1GB / ディスク50GBに。今のところスペック不足は感じません。逆に新サービス売りのSSDについては差を感じられずw。

CentOSも6.xから7.xにバージョンアップ。コマンドなどいろいろ変わっているのでよい勉強になります。久しぶりにガッツリサーバーをいじれていい気分です。

VPS「ConoHa」が新サービス、IPv6は?


ConoHa

VPSサービスを提供する「ConoHa」が新サービスを導入し、従来のサービスは申し込みができなくなりました(既存ユーザーは継続して利用可能)。

image

ストレージがSSDになったり、スケーラブルになったり、APIが整備されたりといろいろ特徴がうたわれていますが、IPv6は使えるのでしょうか? 個人的にはConoHaを使う最大のモチベーションがIPv6だったりするので気になります。気が向いたらちょっと使ってみようか。

【CodeZine・記事掲載報告】Wijmo 5のUI部品いろいろ


グラフやゲージなど「Wijmo(ウィジモ) 5」のさまざまなUI部品を活用 (CodeZine)

8688_02

グレープシティのJavaScriptライブラリ「Wijmo」連載、今回はWijmo 5のグラフやゲージなど、様々なUI部品をざっくり紹介しています。従来のWijmo(Wijmo 3)と比較して(HTMLエディタやFlipCardのような)飛び道具的なUI部品は少ないWijmo 5ですが、その分シンプルで使いやすいUI部品がそろっている印象です。

正直なところ記事1回分では紹介できないほど多くのUI部品や機能がありますので、ぜひ一度Wijmo 5ページのデモをのぞいてみてください。