月別アーカイブ: 2016年2月

イオンモバイルのカタログをもらってきた


2/26からイオン自身がMVNOとなってサービスを開始した「イオンモバイル」。今日(2/28)イオン札幌苗穂店でカタログをもらってきました。

表紙はこんな感じ。内容も機種や料金プラン、申し込みに必要な書類の説明など、全体にMNOを強く意識したデザインレイアウトになっており、イオンに来店したお客様にとってのMNOのような存在になろうというイオンの強い意志を感じます。

aeonmobile_001

カタログ内容の詳細は以下をご覧ください。

aeonmobile_001aeonmobile_010

aeonmobile_002aeonmobile_003

aeonmobile_004aeonmobile_005

aeonmobile_006aeonmobile_007

aeonmobile_008aeonmobile_009

イオンモバイルの他MVNOに対する強みとして、イオン実店舗で申し込み受付が可能なことが挙げられますが、自分が行ったときにはシステムトラブルで申し込みができない旨張り紙がありました。

Webページでも以下のようなお知らせが。

イオンモバイル システムメンテナンスのお知らせ (イオンデジタルワールド)

申し込んでみようかという気持ちもちょっとだけあったので、出鼻をくじかれた感じで残念。

【再評価】MicroB側も両面挿しUSBケーブル


グリーンハウス USB側もMicroUSB側も 両面挿しできる USB2.0 2A高出力 microUSB充電データ転送ケーブル 50cm ブラック GH-UCSMBW50-BK (Amazon.co.jp)

興味に任せて買ってみたものの差し込みが固くて使うのが怖いと以前ブログ記事で書いたMicroB側も両面挿しのUSBケーブルですが、機材によっては意外とすんなり差し込める模様。スマートフォンやタブレットは固いのですが、ウォークマンやホテルルーター、モバイルバッテリーといった機種でしっくりくるものがいくつかありました。

いうほど悪いものではないかもしれないと思い始めたこのケーブル、利用方法を限定してもう少し使ってみようかと。

【銭失い】MicroB側も両面挿しUSBケーブル


グリーンハウス USB側もMicroUSB側も 両面挿しできる USB2.0 2A高出力 microUSB充電データ転送ケーブル 50cm ブラック GH-UCSMBW50-BK (Amazon.co.jp)

裏表を気にせず差し込めるといえばLightningやUSB Type-Cが思い浮かびますが、こちらは独自規格で、A側もMicroB側も両面挿しできるとうたったケーブルです。

興味本位で買ってみたのですが、結論から言えば特にMicroB側の差し込みがかたくて、使うのが怖すぎます。向きを気にしなくてよいというメリットと引き換えに、差し込み相手の機器にダメージを与えるのではと思ってしまいました。そもそもMicroBの差し込みにはもう慣れてしまっていて、今さら向きを気にしなくてよいといわれてもあまりメリットがないことに今気づきましたorz。

やはり両面挿しは規格化されたType-Cを待ちましょうということで。

HUAWEI GR5のカタログに掲載されていた他社比較にびっくり


HUAWEIの新スマホ「GR5」を店頭で見かけたのでカタログもらってきました。

huawei_gr5_001

ちょっと驚いたのはカタログの最後に乗っていた「話題のスマホとの徹底比較」。海外メーカーを含めて、国内でここまであからさまにカタログに他社比較を乗せるのは珍しいのでは。よくよく見たら表紙に「SALES HANDBOOK」と書いてますね。でもどう見てもカタログ。

huawei_gr5_002

端末自体は悪くない感じでした。個人的にHUAWEIの端末とはなかなか縁がないのですが。