MUFG VIASOカードがVISAからMastercardにお引越し


mufg_viaso_001

VIASOカード」は、三菱UFJニコスがNICOSカードブランドで発行しているカードですが、もともとは(現在はMUFGカードにブランド統合された)UFJカードブランドでした。その時からののホルダーには今でも統合後のMUFGカードブランドで「MUFG VIASOカード」として発行が続けられています。公式には案内されていない「裏カード」といえます。

さらに、もともとMUFG VIASOカードの国際ブランドはVISAだったのですが、2017年3月をめどにMastercardに切り替えるという連絡が来ました。カード番号が変わり、再審査も行われるので、切り替えというよりは事実上の再発行です。

これをきっかけにいろいろと変わるようで、以下が案内されています。

・カードデザイン変更
・ポイント優遇オンラインショップを「VIASO eショップ」から「POINT名人.com」に変更
・Mastercardの「Priceless Japan」の利用開始

利用者の手続きは特に必要ありません(ただし、再審査の結果発行されない可能性もあり)。新カードへの移行を希望しない場合は、その旨をはがきで知らせるよう案内されていますが、その場合は現在カードの有効期限でサービス終了となります。

カード番号が変わることで気になるのが、毎月の引き落としをしているサービスへのカード番号変更手続き。以下事業者は手続き不要(自動引継ぎ)と案内されています。それ以外については、引き落とし不能が発生しないよう、新カード発行直後速やかに変更手続きをする必要があります。

mufg_viaso_002(マウスクリックで拡大表示)

個人的には、国内でのApple Payを最大限活用できるMastercardを1枚調達しようと思っていたので、まさに渡りに船という感じです。余談ですが、NICOSのVIASOカードも、いつの間にかMastercardオンリーになっていたんですね。昔はVISAだった?VISAもあった?ような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.