タグ別アーカイブ: LINE

【Tips】削除も復活もできないLINEアカウントに注意


【はじめに】
本記事の記述は2017年1月4日現在の状況に基づいています。LINEの仕様変更により、あなたがこの記事を読んでいる時点では状況が異なる場合があります。


年末年始に、検証用で増えすぎたLINEのアカウントを整理していたところ、以下条件のアカウントが中途半端なことになりました。

条件1)LINEアカウントにメールアドレスとパスワードを登録済み
条件2)LINEアカウント登録時の電話番号は解約済み
条件3)そのアカウントが登録されたLINEアプリは現存しない

このアカウントをどうにかしようとすると、

・条件1のアカウントを入力して、別スマートフォンのLINEアプリに引き継ごうとすると、登録電話番号へのSMSか、従来のLINEアプリへの通知による認証を求められる
→条件2、3により不可能

・Windows版のLINEで条件1のアカウントを入力してログインしても、スマートフォンのLINEアプリで認証する必要がある
→条件3により不可能

・条件1のメールアドレスを指定して、パスワードの再登録はできる
→アカウント自体は生きている

・アカウントを消すには、まず登録を完了する必要がある
→登録完了できないので消せもしない

というわけで、「アカウントは有効で、パスワードも分かっていて、ログインまでは進めるが使えず、消せもしない」というLINEアカウントになってしまいました。このような場合、以前はPINコードで引継ぎができたのですが、現在はPINコード自体が廃止されています。

LINEの問題報告フォームで問い合わせたところ、以下のようなお返事をいただきました。

LINEおよび関連サービスをご利用いただきありがとうございます。
LINEカスタマーサポートです。

使用していた端末を変更したなどの理由により、アカウントの削除ができなくなってしまった場合は、LINEの仕様を利用して削除をすることができます。
アカウントの削除方法に関しまして、以下のヘルプをご確認ください。

▼自分でアカウントを削除できない
https://help.line.me/line/?contentId=50000021

上記のヘルプページの方法でもアカウントを削除することができない場合は、お客さまご自身で以前のアカウントを削除する手段がございません。
また、電話番号を変更または解約している場合も同様に、お客様ご自身で以前のアカウントを削除することができません。

その場合は、弊社にてアカウントの削除を行うことが可能です。
弊社でアカウント削除をご希望の場合は、以下の内容を再度ご連絡くださいますようお願いいたします。

※注意事項※
・以下の質問事項にご回答いただいてもアカウントを削除することを保証するものではありません。
・アカウントの削除には、必要書類の画像添付が必要となります。
・必要な書類は、弊社にて書類でのアカウント削除が可能であると判断できた場合にご案内いたします。

◆質問事項◆
1)現在利用しているアカウントの登録情報
国/国番号:
電話番号:
メールアドレス:
LINE ID:
Display Name:
機種名:
Facebook認証の有無:
アカウントを作成された時期:
プロフィール画像の特徴:

2)削除を希望するアカウントの登録情報
​国/国番号:
電話番号:
メールアドレス:
LINE ID:
Display Name:
機種名:
Facebook認証の有無:
アカウントを作成された時期:
プロフィール画像の特徴:

3)削除したいアカウントの電話番号の名義人をお聞かせください
※当てはまる項目に1つ○を付けてください
( )削除したいアカウントの電話番号の名義人である/アカウント作成時は名義人であった
( )会社で契約している/会社が名義人になっている
( )削除したいアカウントの電話番号の名義人ではない
※電話番号の名義人ではない場合、名義人をお聞かせください。
例:母/父/友人…など​ ​ 

今後とも、弊社サービスをよろしくお願いいたします。

メールの内容をまとめると以下となります。

・同じ電話番号で新たにアカウントが作られると、古いアカウントは自動削除される(LINEヘルプ参照)
・サポート側で手動削除できるが、消したいアカウントと現在使用中のアカウントに関する様々な情報と、「必要書類」の提供が必要。

電話番号が他の誰かに割り当てられて、その人がLINEアカウントを作ると、問題のアカウントは勝手に消えるということですね。サポート側の手動削除は、「必要書類」を含めて提供する情報が多すぎるため見送り、該当アカウントのパスワードをものすごく複雑に変更して塩漬けすることにします。

教訓として、「LINEアカウントのプライマリキーはメールアドレスやパスワードではなく電話番号である」ということがいえます。メールアドレスは補助的な認証手段にすぎないため、解約などで電話番号が使えなくなる時には、その場で速やかに別の電話番号を割り当てるなど対応が必要そうです。

【独り言】iOS 10でLINEのトーク履歴を復元できないのは、バージョン番号比較を文字列でやっているからでは?


iPhone 6(iOS 9.3.5)でiCloudにバックアップしたLINEのトーク履歴をiPhone 7(iOS 10.0)で戻そうとしたときに「iOSのバージョンが古いのでダメです」的なエラーメッセージが出て、残さなければいけないトーク履歴もなかったのでそのまま復元せずに進めてしまいました。

いまさらもう一度再現させるのもめんどくさいのですが、もしかしてバージョン番号「9.3.5」と「10.0」を文字列で大小比較してませんかね? で、先頭1文字の「9」より「1」が小さいので、9.3.5より10.0が古いOSと判定されているとか。あくまで推測ですが。

LINE BOTメモ 1)Let’s EncryptのSSLでも動く 2)CallbackのURLは変えるとまた反映待ちに時間がかかる


line_bot

だいぶ出遅れた感がありましたが、とりあえずオウム返しボットが動くようになったので。サンプルコードはすでにネットに山のように出回っているのでそちらを参照してください。自分はとりあえずPHPで書きました。

自分がハマったポイントをいくつかメモしておきます(2016年4月24日現在)。

  1. みなさんおっしゃっているようにCallbackの反映が遅い! 自分の場合数日単位で待たされました。
  2. 初期の情報では「Let’s Encryptの証明書が使えない」というものがありましたが、少なくとも自分のところでは使えています。
  3. Callback URLを変更すると、その瞬間変更前のURLにもCallbackが来なくなり、改めて待たされます

自分の場合、よせばいいのに一度来るようになったCallbackのURLを変更して、3.の事象にハマりました。あまりネットに情報が出ていないところなので、何かの参考になれば。

livedoor Blogの「完全無料化」から、モバイルに力を入れる運営元の方針が透けて見える


【完全無料宣言】livedoor Blogの全有料プランを撤廃!最上級プラン(月額1,890円)の機能を無料開放します (livedoor Blog)

2015年5月1日からブログサービスのlivedoor Blogが有料プランをすべて廃止、最上級プラン(PREMIUM、1,890円/月)の機能を全ユーザーに無料で開放するとのこと。

たとえば従来有料プランで提供されていた以下のような機能が無料で使えるようになります。

・PC版広告の非表示
・livedoorロゴの非表示
・独自ドメイン設定
・ブログデータ容量(無制限)
・スマートフォン版のユーザー独自の広告の掲載
・Amazon・楽天アフィリエイトID自動設定
・記事のバックアップ(エクスポート)
・EPUB書き出し機能(電子書籍作成)

Webサービス提供側の立場に立ったことがある人間ならば、こういわれて素直に喜べないのではないでしょうか。サーバー運用費用はいったいどこから出てくるのかと思ってしまいます。

実は今回の完全無料化にはからくりがあって、従来の最上級プランではPC版の広告は非表示にできますがケータイ・スマートフォン版はできず、完全無料になっても同様です。またすべての広告を完全に表示しない「PURE」プラン(945円/月)は今回廃止され(有料・無料問わず)サービス自体が停止します。livedoor Blogを利用する限り、ケータイ・スマートフォン版の広告を非表示にする手段はなくなってしまうことになります。

現在の(無料化する前の)プラン比較表を以下に示します。PREMIUMでも「ケータイ・スマートフォン版の広告非表示」が×(非対応)になっていることがわかります。

image

つまりlivedoor Blog「PC版ではなくケータイ・スマートフォン版の広告を収益源とする」と決めたのでしょう。インターネットの使われ方がモバイルファーストになっている現状を鑑みれば妥当な判断です。運営元が(スマホアプリを生業とする)LINEということもありますし。

広告が完全に消えないのは残念ではありますが、収益源を見込んだうえでの施策に(いきなりサービス停止になったりしないという意味の)安心感も感じています。個人的にもlivedoor Blogはいろいろ使っていたりするので、5/1以降いろいろ試してみようかと。

Facebook Messengerの音声通話がIIJmioの低速通信でも結構使えた件


Messenger (Facebook)

image

無料通話アプリと言えばLINEが有名ですが、Facebookのチャットアプリ「Messenger」にも無料通話機能が実装されました。ちょっとした興味でIIJmioで低速通信(最大200kbps)にしたWi-FiルーターにiPhoneやAndroid端末を接続してMessengerの無料通話を試したところ、結構まともに通話ができてびっくり。

まあFacebook Messengerだからというわけでもないのでしょうが、OTTの無料通話は結構使えるんだなあと。