カテゴリー別アーカイブ: 読書

家電批評批評


家電批評 2015年 06 月号 [雑誌] (Amazon.co.jp)

普段はあまり読まないのですが、移動中の暇つぶしとしてこの手の(ITガジェットを含めた様々なモノを紹介する)雑誌を読むことがあります。今回読んだのは「家電批評」。格安SIMとWi-Fiの話題。Wi-Fiは通信量が制限されがちな格安SIMの補完手段としても用いられるので、この規格の組み合わせ自体は非常に目の付け所がよいと思いました。

ただこの手の雑誌を読むと、細かいところの記述誤りが非常に目につきます。大まかな理解には問題ないことが多いのですが、どうしても気になってしまいます。例えば……

【格安SIMについて】

・「格安SIMもキャリアも理論上の通信速度が同じ」→MVNOは通信量(帯域)単位でMNOに費用を支払うため、利用者の増加で帯域が不足して極端に速度が落ちる場合がある。無線区間の通信速度が「理論上」同じというのは事実だが、ユーザーの実運用を考えると説明が不誠実。
・最高速度が150MbpsのSIMと225MbpsのSIMが存在するように記載→docomoのMVNOならここで差が出ることはない
・ZTE Blade Vec 4Gがfreetel XMのOEMと記載されている→言うまでもなくBlade Vec 4Gのほうがオリジナル(ZTEかわいそう)

【Wi-Fi特集について】

・通信規格の最大通信速度を規格上理論値で記載(802.11nなら600Mbps、802.11acなら6.9Gbps)→間違っていないが現状国内で入手できない規格上限値の記載に意味があるのか?
・認証方式としてWPAとWPA2、暗号化方式としてWEPとTKIPとAESという記載→WEPはどちらかというとWPA・WPA2のカテゴリに入るのが自然
・不正アクセス対策として「インターネット共有をオフにする」→インターネット共有はPCをルーターとして使用する機能で、通常の運用で利用されることは少ない。むしろWindowsファイアウォールあたりを取り上げるべきでは。
・PCに接続されたプリンターをWindowsの共有プリンターにする記事のそばにエプソン PX-1700Fの写真→PX-1700Fは自身がネットワークプリンターになれるので、Windowsの機能で共有する必要はない。

【その他】

・アキバ系裏家電として、HDMIのプロテクト解除器や携帯ジャマーと並べてSIMフリー携帯を取り上げるのは(同じ雑誌内で格安SIM特集を掲載しているのに)おかしくないか。少なくとも記事内で紹介されていたSIMフリー携帯は法的にも利用に問題なく「裏家電」と紹介されるのは不適切。大きく紹介されたStarQ Q5002が怪しげなグッズに見えてしまう。

唯一石川氏のコメント記事だけは安心して読むことができましたが、それ以外は全体的にツッコミどころが多い感じです。あまり偉そうなことは言いたくないのですが、この手の特集をするならスタッフに一人でいいからモバイル・IT系のライターを入れたほうがよいのでは。

【買った】ELECOMの自動車用USB充電器


ELECOM シガーチャージャー USB ダブルポート 2.4A出力 2ポート ブラック MPA-LCCDU24BK (Amazon.co.jp)

自動車のシガーライターソケット(最近はアクセサリーソケットというらしいですね)に差し込んで使うUSB充電器です。このタイプはUSB2ポート合計2.4Aの電力を供給できます。エレコムのラインナップには2ポート3.1Aという上位機種もありますが、自分の場合そんなに頻繁に使うこともないだろうということでこちらをチョイス。上位機種はUSB Type-C対応品が出てきた時にまた考えます。

elecom_car_usb

スマートフォンをカーナビとして使うときにこの手の給電環境があると安心感が違いますのでぜひ。

【読書】体系的に学ぶWi-Fi/3G/4G/LTE/WiMAX:内容はともかく構成が体系的でないかも


体系的に学ぶWi-Fi/3G/4G/LTE/WiMAX (Amazon.co.jp)

タイトルの通り、最近の無線通信技術を概観し体系的に説明する内容になっています。携帯電話やタブレットのようなデジタルガジェットに興味があり、かつ通信技術のことをあまり深く知らない人にとっては良い内容です。ガジェクラの皆さんにはもう知った内容かもしれません。初版が2015/1/21なので、auのキャリアアグリゲーションやau VoLTE、802.11acの1.3Gbps、LTEの700MHz帯など比較的最近の内容が記載されています(さすがにSoftBank系4社合併やWiMAX 2+の新定額プランには言及されていません)。

ちょっと気になったのは、通読すると同じ内容が複数回登場すること。切り口が違うとはいえテザリングは最初と最後に、OFDMやQAMについてはWi-Fiと携帯電話通信の章で、それぞれ2回登場しています。同じ図が2回使われているばしょもあり、全体的に冗長感があります。複数のライターで執筆を分担した可能性は理解できますが、「体系的」をうたうならば全体をもう少し整理してもよいのではと感じました。

なお、自分が読んで気になった記述を以下に列挙します。

・「チャネルンディング」(P78)
→「チャネルンディング(Channel Bonding)」の誤り。索引でも「」ンディングになっている。

・802.11acとiPhone 6が規格上1300Mbpsで通信できるという記述(P84-85、P29)
→iPhone 6にはアンテナが1本しかないので433Mbpsが上限。この旨追記がある場合もあるが、そもそも追記ではなく最初から433Mbpsのみを記述するのが妥当かと。P29の図では「iPhone 6が11acで1300Mbpsで通信できる」としか読めない記述になっており完全にアウト。

・3Gと3.5Gの記述混乱(P142)
→「3Gの最大速度は7.2Mbps~そのため3.5Gが導入」のような記述がありますが、7.2MbpsはHSDPAの速度で、すでに3.5Gに分類される。この論調にしたいのならば384kbps(W-CDMA)または144kbps(cdma2000)を3G速度とするべき。

・インターネットメールのプッシュ配信(P183)
→IMAPの「通知」モード(=IMAP IDLEのことと思われる)に言及されていますが、Gmail、Outlook.com、iCloud.comがすべてIMAP IDLEでプッシュを実現しているように読めてしまう。少なくともOutlook.comはExchange ActiveSyncのはず。あとこれは間違いではないのだが、ここまでいうならiOSやAndroidのプッシュ通知(APNs、GCM)に触れてもよかったかも。

ただこの手の本は多少の記述ミスがあっても鮮度のほうがより大事だと思います。その意味で2014年末までの内容を反映しているこの本の速報性は見事だと思います。

【読書・勉強中】AngularJS


AngularJSリファレンス (Amazon.co.jp)

jQueryはそれなりに使う機会があるのですが、それ以外のJavaScriptフレームワークのことをあまり知らないなと思い、本を買って連休の間に読んでみました。

この本は「リファレンス」というだけあって細かい内容が非常に充実しており、正直すべてを理解することはできていません。ただ本がわかりづらいかというとそうではなく、「AngularJSって何ぞや」というレベルの人が概要だけ知りたいというときも便利です。初期学習から結構深いところまで、この1冊で行けそうな懐の深さが魅力です。

AngularJSそのものの感想としては、さしあたり双方向データバインディングは便利そうで、どこかで使ってみたいなと。本の前書きにも「順次学習を進めるスタイルでも構いません」と書いてあるし、まずは使えるところからですかね。

【読書】UIまで手の回らないプログラマのためのBootstrap 3実用ガイド


UIまで手の回らないプログラマのためのBootstrap 3実用ガイド

BootstrapはHTMLのUIをカッコよくしてくれるフレームワークという程度の理解しかなかったので情報補充のために購入。一通り読んで、開発中にちょっとWeb UIを整えたいときに便利そうだなという感想。

まさしく「UIまで手の回らないプログラマ」になることがしばしばあるため、BootstrapとかjQuery Mobileとかお手軽にそれなりのHTML画面を作れる仕組みは開発ツールとして手元に置いておきたいなと思っています。