カテゴリー別アーカイブ: オーディオ・ビジュアル

【読書】オーディオ大全2017―2018


オーディオ大全2017―2018 (100%ムックシリーズ) (Amazon.co.jp)

連休中にちょっと読みたくなったので購入。学生時代にオーディオにいろいろこだわっていたなと思いつつ。

家電批評の記事は、IT・携帯電話関連で「あれっ」という記述を見つけることがあるので、きっとこのジャンルでも似たようなものだろうと思いつつ、楽しく読ませていただきました。

ピュアオーディオのセットを組んだら楽しそうだなと思いつつ、自分のライフスタイルを考えると、スマホに定額配信サービスアプリ+自宅でBluetoothスピーカー+出先でBluetoothイヤホンというライトな楽しみ方がよいのではと思っています。

ヘッドホンの左右の特性が違っていて気持ち悪かった話


【買った】オーディオテクニカのヘッドホン (今日の気分はバリいくつ?)

2年近く前の話ですが、オーディオテクニカのヘッドホン「ATH-CKB50」を購入しました。「バランスド・アーマチュア」というドライバーがどのように聞こえるのか興味をもって入手したのですが、どうも音が中央に定位せず、左右にずれている気がして、結局あまり使わなくなってしまいました。

audio-technica

最近になって気まぐれで引っ張り出して試してみても、やはり音が中央に定位せず、非常に気持ち悪い感じ。そこでこんなアプリでテストしてみました。

Audio Tone Generator Lite – 簡易リファレンス信号生成器 (iTunes)

特定周波数の正弦波やノイズを出力できるアプリです。

audio-tone-generator

周波数を変えながら連続的に音を出すスイープ機能でヘッドホンの音を聞いていると、4000Hzくらいまでは音がやや左側にずれて聞こえ、そこから周波数が上がると中央から聞こえるようになり、6000Hz~7000Hz以上になると今度は右側にずれます。左側が低音が強く、右側は高音が強い感じです。自分の耳の特性かもしれないと他のヘッドホンでも試しましたが、特にそのような事象は感じられませんでした。

Amazonのレビューで「左右で音量が違う」という指摘があったので、そういう品質上の癖がある機種だったのかもしれません。ちょっと工夫してもう一度使ってみようと思っていたのですが、ちょっと厳しそうです。

【買った】AnkerのBluetoothヘッドホン


Anker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホン(カナル型)【マグネット機能 / 防水規格IPX4 /内蔵マイク搭載】 iPhone、Android各種対応 (Amazon.co.jp)

期間限定の2,000円で売っていたので、この値段ならばと購入してみました。

基本的には過不足なく利用できるのですが、個人的にイヤーピースがぴったり合わなかったので、以前利用していたウォークマン(NW-M505)付属ヘッドホンから移植しました。加工など必要なく、そのままぴったりとハマります。

音質、質感など、値段以上の品質はあると思います。この手のヘッドホンの入門としてよさそうです。

LINE BOTメモ 1)Let’s EncryptのSSLでも動く 2)CallbackのURLは変えるとまた反映待ちに時間がかかる


line_bot

だいぶ出遅れた感がありましたが、とりあえずオウム返しボットが動くようになったので。サンプルコードはすでにネットに山のように出回っているのでそちらを参照してください。自分はとりあえずPHPで書きました。

自分がハマったポイントをいくつかメモしておきます(2016年4月24日現在)。

  1. みなさんおっしゃっているようにCallbackの反映が遅い! 自分の場合数日単位で待たされました。
  2. 初期の情報では「Let’s Encryptの証明書が使えない」というものがありましたが、少なくとも自分のところでは使えています。
  3. Callback URLを変更すると、その瞬間変更前のURLにもCallbackが来なくなり、改めて待たされます

自分の場合、よせばいいのに一度来るようになったCallbackのURLを変更して、3.の事象にハマりました。あまりネットに情報が出ていないところなので、何かの参考になれば。