カテゴリー別アーカイブ: 携帯電話

【Tips】削除も復活もできないLINEアカウントに注意


【はじめに】
本記事の記述は2017年1月4日現在の状況に基づいています。LINEの仕様変更により、あなたがこの記事を読んでいる時点では状況が異なる場合があります。


年末年始に、検証用で増えすぎたLINEのアカウントを整理していたところ、以下条件のアカウントが中途半端なことになりました。

条件1)LINEアカウントにメールアドレスとパスワードを登録済み
条件2)LINEアカウント登録時の電話番号は解約済み
条件3)そのアカウントが登録されたLINEアプリは現存しない

このアカウントをどうにかしようとすると、

・条件1のアカウントを入力して、別スマートフォンのLINEアプリに引き継ごうとすると、登録電話番号へのSMSか、従来のLINEアプリへの通知による認証を求められる
→条件2、3により不可能

・Windows版のLINEで条件1のアカウントを入力してログインしても、スマートフォンのLINEアプリで認証する必要がある
→条件3により不可能

・条件1のメールアドレスを指定して、パスワードの再登録はできる
→アカウント自体は生きている

・アカウントを消すには、まず登録を完了する必要がある
→登録完了できないので消せもしない

というわけで、「アカウントは有効で、パスワードも分かっていて、ログインまでは進めるが使えず、消せもしない」というLINEアカウントになってしまいました。このような場合、以前はPINコードで引継ぎができたのですが、現在はPINコード自体が廃止されています。

LINEの問題報告フォームで問い合わせたところ、以下のようなお返事をいただきました。

LINEおよび関連サービスをご利用いただきありがとうございます。
LINEカスタマーサポートです。

使用していた端末を変更したなどの理由により、アカウントの削除ができなくなってしまった場合は、LINEの仕様を利用して削除をすることができます。
アカウントの削除方法に関しまして、以下のヘルプをご確認ください。

▼自分でアカウントを削除できない
https://help.line.me/line/?contentId=50000021

上記のヘルプページの方法でもアカウントを削除することができない場合は、お客さまご自身で以前のアカウントを削除する手段がございません。
また、電話番号を変更または解約している場合も同様に、お客様ご自身で以前のアカウントを削除することができません。

その場合は、弊社にてアカウントの削除を行うことが可能です。
弊社でアカウント削除をご希望の場合は、以下の内容を再度ご連絡くださいますようお願いいたします。

※注意事項※
・以下の質問事項にご回答いただいてもアカウントを削除することを保証するものではありません。
・アカウントの削除には、必要書類の画像添付が必要となります。
・必要な書類は、弊社にて書類でのアカウント削除が可能であると判断できた場合にご案内いたします。

◆質問事項◆
1)現在利用しているアカウントの登録情報
国/国番号:
電話番号:
メールアドレス:
LINE ID:
Display Name:
機種名:
Facebook認証の有無:
アカウントを作成された時期:
プロフィール画像の特徴:

2)削除を希望するアカウントの登録情報
​国/国番号:
電話番号:
メールアドレス:
LINE ID:
Display Name:
機種名:
Facebook認証の有無:
アカウントを作成された時期:
プロフィール画像の特徴:

3)削除したいアカウントの電話番号の名義人をお聞かせください
※当てはまる項目に1つ○を付けてください
( )削除したいアカウントの電話番号の名義人である/アカウント作成時は名義人であった
( )会社で契約している/会社が名義人になっている
( )削除したいアカウントの電話番号の名義人ではない
※電話番号の名義人ではない場合、名義人をお聞かせください。
例:母/父/友人…など​ ​ 

今後とも、弊社サービスをよろしくお願いいたします。

メールの内容をまとめると以下となります。

・同じ電話番号で新たにアカウントが作られると、古いアカウントは自動削除される(LINEヘルプ参照)
・サポート側で手動削除できるが、消したいアカウントと現在使用中のアカウントに関する様々な情報と、「必要書類」の提供が必要。

電話番号が他の誰かに割り当てられて、その人がLINEアカウントを作ると、問題のアカウントは勝手に消えるということですね。サポート側の手動削除は、「必要書類」を含めて提供する情報が多すぎるため見送り、該当アカウントのパスワードをものすごく複雑に変更して塩漬けすることにします。

教訓として、「LINEアカウントのプライマリキーはメールアドレスやパスワードではなく電話番号である」ということがいえます。メールアドレスは補助的な認証手段にすぎないため、解約などで電話番号が使えなくなる時には、その場で速やかに別の電話番号を割り当てるなど対応が必要そうです。

auのFirefox OS端末「Fx0」の契約を解約しました


fx0_001

2014年12月に購入した、auのFirefox OS端末「Fx0 LGL25」。2017年1月でいわゆる2年縛りが解放されたので、今日(2017/1/2)解約してきました。

HTMLベースのアプリ環境を試したくて購入しましたが、正直なところあまり活用できず、そうこうしているうちにFirefox OS自体が(スマートフォン向けとしては)開発停止になってしまいました。電話として使うこともなく、ほとんど物置にしまったままとなっていました。

自分の契約には「Fx0おトク割」が設定されており、パケット定額を外せばユニバーサルサービス料(2円とか3円とか)だけで維持可能だったので今まで維持していましたが、契約から2年経過でFx0おトク割がなくなり、通常の基本料金(税別934円)がかかるようになるため、このたびの解約と相成りました。メインで使っていたau回線は昨年MVNOに乗り換えているので、今回の解約でau契約がすべてなくなったことになります。

個人的に残念なのは、Firefox OSの開発停止に伴い、Firefoxブラウザーとしても更新が行われなくなったこと。デスクトップ版のFirefoxはすでにバージョン50に達しているのに、Fx0のFirefoxブラウザーはいまだに32です。これではHTML5アプリ動作環境としても心もとない感じ。

image

すくなくともスマートフォンOSとしては、Firefox OSは死んでしまったのでしょうね。使い道もないですが、その瞬間は間違いなく輝いていた時代のあだ花として、コレクションに加えたいと思います。

【メモ】FREETEL SAMURAI KIWAMI 極で、バンダイチャンネルの音声が途切れる?事象について


最近Android 6.0が配信開始されたFREETELの「SAMURAI KIWAMI 極」ですが、以前から「動画再生の音が途切れる」のが気になっていました。

以前のブログ記事にも書いたのですが、単純に途切れるというよりは、本来の再生速度より微妙に再生速度が遅いため、定期的につじつまが合わなくなり、音声を一瞬ドロップさせてつじつま合わせをしている感じです(わかりにくくてすみません)。ドロップしたところがちょうどセリフに被ると、はっきりと「おかしい」ことに気づけます。

Android 6.0にアップデートされたことで改めて試してみたのですが、Google Play Musicの音楽やYouTube、Netflixの動画では問題が発生せず、バンダイチャンネルの動画で発生を確認しました。一度発生する箇所を突き止めると、ビットレートを変えて再度再生しても必ず同じところでドロップが発生します。

こうなってくると、極の問題なのかバンダイチャンネルの問題なのかよくわからなくなってきました……。

FREETELの「SAMURAI KIWAMI 極」、ついにAndroid 6.0へ


プラスワン・マーケティング、SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI 極」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始 (S-MAX)
「SAMURAI KIWAMI」 Android6.0へのアップデート開始のお知らせ (FREETEL)

2016年10月にアップデートが予定されていたものの、何度か延期して、直近では「12月下旬」と案内されていた「SAMURAI KIWAMI 極」のAndroid 6.0アップデートが、ついに配信開始されました。

kiwami_android6

自分の利用目的の範囲では、アップデート前に感じていた、オーディオ再生が途切れる(というか、再生スピードが微妙に合っていなくて、途中で一瞬省略されるような感じ。わかりづらくてすみません)事象が解消されていました。最近はメイン機種から外れつつあったKIWAMIですが、Android 6.0ならば、もうしばらく活用できそうです。とりあえず音楽プレーヤーの役割を割り当てようか。

→と思ったら、バンダイチャンネルを見ているとやはり途切れるorz(12/23 18:25追記)

【S-MAX:記事掲載報告】年末企画:iOSとAndroidとWindows 10 Mobile


【年末企画】2016年に購入した三者三様のスマホからiPhoneとAndroid、Windowsのそれぞれを取り巻く状況をほんのり考察(アプリ開発エンジニア・えど編) (S-MAX)

2016_summary_index

S-MAXライター陣がフリーテーマで1年を振り返る、この時期恒例の年末企画に、今年も参加させていただきました。今年はそんなにスマホ買ってないのですが、買った3台がたまたまiOS、Android、Windows 10 Mobileが1台ずつだったので、それぞれを振り返ってみました。

Windows 10 Mobileはもっと積極的に使っていきたいのですが、いかんせんアプリがそろわなくて難儀しています。Facebook Messengerが日本語フォント表示されるようになって、状況は着実に改善されてはいるのですが、このペースだと流れの早い業界に追いつけなさそう。HUAWEI P9は本当にいいものでした。iPhone 7は熟成の味があって、個人的にはそれほど悪い印象はなかったりします。