携帯電話」カテゴリーアーカイブ

楽天モバイル雑感(2020年12月、札幌)


画像は2020年12月24日更新の楽天モバイルエリアマップです。色の濃い部分が自社回線、薄い部分はパートナー(au)回線です。当初から比べると札幌は随分と自社回線が広がりました。

使っていても、屋外で自社回線をつかむ割合が随分上がってきているのを感じます。屋外だけならば、auローミングを切られても何とかやっていけそうな感じです。

ただやはり問題となるのは屋内や地下。ほぼほぼパートナー回線になってしまうのが現状です。エリアの面積を広げるのが精いっぱいで、深さ・厚さを整える段階にはないのでしょう。

2021年は大手3社の新ブランド・プランが続々とリリースされ、楽天モバイルにとっては厳しい局面になってきますが、チャレンジャーがいてこそ業界は盛り上がるわけで、大手を手玉に取る楽天モバイルの奇策に期待したいところです。

ソフトバンク光「光BBユニット」最新バージョン2.4の動作が怪しい


自宅のインターネットはソフトバンク光です。ソフトバンク光とソフトバンク携帯電話で「おうち割 光セット」を組むと携帯電話料金が割り引かれるのですが、このセットの条件として「光BBユニット」と呼ばれる機器をレンタルする必要があります。この光BBユニット、IPv4 over IPv6でPPPoEの混雑を回避できる「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」の利用に必須となるため、ソフトバンク光のメリットを享受するためのマストアイテムといえます。今回は、この光BBユニットの動作がちょっと怪しいという話題です。

続きを読む

理想のiPhone 12 ケースを求めていろいろ試してみた結果


ずいぶん前のことですが、買ってましたiPhone 12。発売日に。

とりあえずケースに入れて使うわけですが、気に入ったケースが一発で入手できることはほぼなく、スマホ1台入手するたびにケースをいくつも買うわけです。というわけで、これまでに(今のところ)購入したケースを紹介していきます。

続きを読む

楽天モバイル雑感(2020年9月、札幌)


2020年9月現在、楽天モバイル(自社回線)の札幌近辺エリアはこんな感じ。当初からだいぶ広がった印象です。

単純にエリアが広がっただけでなく、楽天回線の利用頻度が明らかに増えていると感じます。たとえばJR札幌駅では、パセオやアピアといった隣接・地下のショッピングエリアから駅のエリアに入った時に、高確率で楽天回線に切り替わるようになりました。感覚的には、自分の行動範囲における楽天回線とパートナー(KDDI)回線の使用率は半々といったところです

気になるのは地下鉄や地下街といった屋内のエリア展開。直近は面方向にエリアを広げるのに精いっぱいでしょうが、屋内エリアの整備も期待したいところ。

楽天モバイル「公式」スマホはやはり楽天向けにカスタマイズされているという話


楽天モバイルは、自社回線に対応したスマホの情報を「ご利用製品の対応状況確認」ページで公開しています。このページを眺めていて気付いたのですが、同じ機種でも楽天モバイルで売っている端末とそれ以外の販路で売っている端末では対応状況が異なることがあります。

続きを読む