PC」カテゴリーアーカイブ

Evernoteがサービス改定しても逃れられないので有料プランを契約


Evernote の価格プランの改定について (Evernote)

既報ですが、Evernoteのサービス内容や料金に改定が入りました。もっとも話題となっているのは「無料のベーシックプランで同期できる端末数が2台に制限された」ことではないでしょうか。

自分は公私にわたりEvernoteを活用しており、自宅やら会社やらスマホやらタブレットやらに同期させています。当然2台では足りません。OneNoteやGoogle Keepなど競合サービスも検討しましたが、直近の移行は困難と判断し、同期端末数が無制限となる「Evernote プラス」を契約しました。360円/月と3,100円/年が選べますが、結構長いこと使いそうなので年払いで。

お金を払う以上、サービスの安定性や継続性には期待したいところです->Evernote様。併せて将来的に「プラスでも同期端末数を制限する」となる可能性に備えて、競合サービスも両にらみで試していきたいなと。

【不思議】Microsoft アカウントはPC版Outlookに設定したかどうかでフォルダ構成が変わる?


【暫定解決策】Outlook.comのWebアプリで削除した予定表がアプリに残った時はPCのOutlookで「削除済みアイテム」を確認という記事を書いたときに、Microsoft アカウントのうちいくつかをOutlook 2013に設定して同期させたのですが、同期させたアカウントとそうでないアカウントでフォルダ構成が違うことに気づきました。

下図はAndroid版Outlookアプリで、Outlook 2013に同期したアカウント(写真=左)としていないアカウント(写真=右)のフォルダを表示したものです。Outlook 2013に同期後は「同期の失敗」というフォルダとそのサブフォルダが増えていることが分かります。また共通するフォルダも「下書き」「迷惑メール」など日本語に変更されています。

image

使う上で大した支障はないのですが、アカウントによって表示が違うのがちょっと気になったりします。

【暫定解決策】Outlook.comのWebアプリで削除した予定表がアプリに残った時はPCのOutlookで「削除済みアイテム」を確認


【注意喚起】Outlook.comのWebアプリで予定表(カレンダー)を削除してもWindows 10のカレンダーアプリでは削除されない

という内容の記事を以前書きましたが、なんとなく暫定の解決策が見えたのでご報告。

まず事象を説明します。Outlook.comのWebアプリで予定表(カレンダー)を削除します。outlook001

Web画面上では正しく削除されますが、iOSやAndroidのOutlookアプリ、Windows 10の「カレンダー」アプリではカレンダーが削除されず残ってしまいます。

outlook002

ここからが解決策です。問題が起こったアカウントをPCのOutlookアプリに設定してフォルダー表示にします。自分が使ったOutlook 2013では画面下の「…」から「フォルダー」を選択します。

outlook003

するとWeb画面で削除された予定表が「削除済みアイテム」フォルダーにそのまま入っていますので削除します。予定表を右クリックして「予定表の削除」を実行するか、ほかに消えて困るものがなければ削除済みアイテムを右クリックして「フォルダーを空にする」でもよいでしょう。

outlook004

すると予定表が完全に削除され、次回同期時に各アプリからも削除されます。なお削除が反映されるまでに少し時間がかかるようです。削除されないときはアカウントの再設定や(iOSやAndroidでは)設定メニューの「アカウントの更新」を試すとよいかもしれません。

outlook006

思うに、iOSやAndroid、Windows 10の各アプリでは予定表が削除済みアイテムに入っても削除と解釈されず見えてしまう不具合があるのでしょう。一方でWeb画面からカレンダーを削除したときに内部的に削除済みアイテムに残る仕様も、それはそれでどうかと思います(Web画面で追加と削除を繰り返せば削除済みアイテムがどんどん増えることになります)。

Outlook.comはWebアプリ画面の改造を最近行ったようなので、そのあたりで外部画面と内部処理、アプリとの連携の不整合が起こっているのでしょう。Microsoftには根本解決を図ってほしいところですが、とりあえず困っている人はこの方法をお試しいただければと存じます。

【買った・ウイルス対策】オフラインバックアップ用ハードディスク


I-O DATA USB 3.0/2.0対応ポータブルハードディスク「超高速カクうすLite」 1TB ホワイト HDPF-UT1.0W (Amazon.co.jp)

最近はウイルス関係でいろいろ怖い話が聞こえてきます。自分のPCファイルのみならずネットワーク上にあるファイルサーバーのファイルも被害を受けると聞けば、ネットワークから隔離された場所にバックアップを置いておきたくなりますね。

というわけでUSB接続のポータブルハードディスクを購入しました。バックアップ用なので大したこだわりもなく、札幌ヨドバシで見た限り一番安いやつ。1TBで7,970円でした。ファイルコピーのバッチファイルを用意して、定期的にPCにつないでバックアップ→PCから切り離しという運用で行こうと思います。

なお自分用のこだわりのポータブルハードディスクは、ハードディスク側のUSBコネクタがタイプCになったものが登場したら考えます。現状「タイプC対応」となっているのは、ハードディスク側は相変わらず(横に幅広で不格好な)マイクロBなんですよね。

OneDriveのストレージ減を回避する特設サイト


https://preview.onedrive.com/bonus/

image

年明け2016年に無制限ストレージの廃止や無料分の15GB→5GBへの変更、カメラロールボーナスの廃止を発表して大ひんしゅくを買ったMicrosoftのオンラインストレージ「OneDrive」ですが、どうも上記のような救済策を発表したようです。上のアカウントで手続きをすれば5GBへの減量やカメラロールボーナスの廃止を回避できます。詐欺のように見えなくもありませんが、SSL証明書などからするに本物のサイトのようです。preview.onedrive.com/bonus/では以前も似たような容量サービスをやっていたので信用してもよいでしょう。

「手続きをすれば」というところに、休眠アカウントを含めたOneDriveの総容量を減らしたいというMicrosoftの意図が透けて見えるのですがいかがでしょうか。こちらの手続きは2017年1月末2016年1月末までの期間限定(こちらの情報によると)ということですのでご注意を。