WILLCOM D4の「機能強化」


「WILLCOM D4」の電源オフ状態での省電力機能を強化する対応(無償)実施について(WILLCOM)

電源オフ時のバッテリー保持時間が、標準バッテリーで20時間->80時間、大容量バッテリーで60時間->240時間となるというもの。預かり対応となり、10~14日、場合によってはそれ以上日数がかかる可能性もあるとのこと。

興味深いのはリリースに一言も「不具合」とは書いておらず、「機能改善してあげるよ~」的な書き方になっていることです。預かり対応についても「修理」という言葉は一切使われていません。

WILLCOMいうところの「強化」前のバッテリー保持時間が20時間というのは確かに「不具合」というには微妙なところですが、何となく釈然としないものが残ります。さっきのKDDIの件と言い、最近こういう言い回しが流行っているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.