FSKAREN on S11HT


「日本語入力システム FSKAREN(R) for Windows Mobile(R)」一般向けダウンロード販売開始のお知らせ (富士ソフト)

Windows Mobile向けに販売されている日本語入力システムといえば、なんといってもジャストシステムの「ATOK」が有名ですが、今回はちょっと毛色の違う日本語入力システムがリリースされました。

FSKARENは、名前こそ知られていませんがカーナビやデジタル家電などで実績のある日本語入力システムです。よく知られるところとしては、シャープ携帯電話の「ケータイShoin」の実態はFSKARENです(ある程度カスタマイズはされているかもしれませんが)。

で、今回FSKARENのWindows Mobile版がオンライン発売されたので、3,980円払ってダウンロード・S11HTへインストールしてみました。

ダウンロード販売はBBソフトダイレクトで行われています(こちら)。個人情報・支払い情報を入力して手続きすると、ライセンスキーが書かれたページと、ダウンロードリンクが並んだページが表示されます。インストールファイルはCAB形式で、HT1100向け、hTcZ向け、X01HT向けのように機種ごとに分かれています(まだW-ZERO3系用のファイルはないようです)。もちろん今回はS11HT用をダウンロードします。CAB形式のファイルをメモリカードで本体に転送し、ファイルエクスプローラでたたくだけでインストールは完了です。

以下スクリーンショット。

DSCN0932

このとおり、S11HTで予測変換が動いています。実際の使い勝手は(系統が一緒の)ケータイShoinによく似ており、SoftBankシャープ端末を長く使っている自分にはよくなじむものでした。S11HTのキーボードはもともと操作性がいいのですが、日本語入力システムがへぼくてメールマシンとしてもあまり使っていませんでした。FSKARENによって一気に使い勝手がよくなった感じです。

以下は設定画面です。

FSKAREN1 FSKAREN2
FSKAREN3 FSKAREN4
FSKAREN5 FSKAREN6
FSKAREN7

全体を通した感想としては、予想以上に使いでがあるなというところです。ATOKとの比較については今回検証していないので言及を避けますが、最近の携帯電話に求められる日本語入力システムの基準はクリアしているという印象です。富士ソフトはもっとFSKARENを大事にして、自社製品としてアピールしたほうがよいのではないでしょうか。ATOKは他社製品に搭載されても「ATOK」を名乗っているのですから、FSKARENだって同じように名乗ってもいいはずです。ただそのためには「FS」というのはあまりにも社名をストレートに反映しすぎなのではずしたほうがいいかと。

#ただこの会社は自社製品に何でも「FSほにゃらら」ってつけちゃうんですよね…。

個人的には非常に気に入りましたので、今後継続的に使うとともに応援していきたいと思います->FSKAREN

FSKAREN on S11HT」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Sasatch Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.