Atom+ESXiベンチマーク(SuperPI編)


以前JavaScriptベンチマーク「SunSpider」を使って、Atom+ESXiサーバの実力を評価しましたが、今回はその続きということで円周率計算ベンチマーク「SuperPI」でトライです。計算回数を19回に設定し、104万桁の円周率を計算する時間を測定します。今回はばらつきを考慮して実験を3回行います。ESXi上の各OSについては、1つずつ処理を行いました(つまりベンチマーク中にはAtomのパワーのほとんどを使っていると考えられます)。

結果は以下の通り。

ハードウェア OS 結果
    結果1 結果2 結果3
Atom 1.6GHz,
メモリ2GB, VMware ESXi
Ubuntu 8.04.1 1分37秒 1分34秒 1分35秒
  CentOS 5.2 1分44秒 1分44秒 1分41秒
  Windows
Server 2003
1分59秒 1分59秒 1分59秒
Pentium4 3.0GHz, メモリ1.5GB Windows
Vista SP1
1分13秒 1分13秒 1分13秒
Sempron 2800+,
メモリ768MB
WindowsXP
SP1
1分02秒 1分02秒 1分01秒

話の本筋ではないのですが、Pentium4 3.0GHzよりSempron 2800+の方が速かったのはちょっと意外でした。Pentium4マシンの方をメインで使っているのでちょっと複雑な気分。VistaとXPというOSの違いも影響しているかもしれません。

さてAtomですが、Sempronマシンと比較してざっくり1.5~2倍程度の時間を要しています。注目すべきはESXi上の各OSの違いで、準仮想化が有効になっているUbuntuが一番速く、以下CentOS、Windows Serverの順となっています。準仮想化によるパフォーマンスの向上を確認することができたといえば言い過ぎでしょうか。

サーバーとしての稼働を考えれば、Pentium4やSempronの半分程度のパフォーマンスを持つAtomは、必要にして十分なパフォーマンスを持つと評価してよいのではないでしょうか。省電力などのメリットを考え合わせれば、仮想化はともかくとしてサーバーにAtomというのは十分あり得る選択肢だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.