lighttpd+FastCGI+PHPを試す


軽量HTTPサーバ「lighttpd」でFastCGIを使うとPHPが高速に動くという噂を聞きつけて試してみました。

まずはESXi上に展開している仮想マシンのUbuntu8.04.1でlighttpdをインストール。Synapticから「lighttpd」で検索して選択するだけ。楽勝。

インストール後はFastCGIを有効にするために、/etc/lighttpd/conf-enabledディレクトリに10-fastcgi.confのリンクを張る。

# ln –s /etc/lighttpd/conf-available/10-fastcgi.conf ./10-fastcgi.conf

あとは/etc/lighttpd/lighttpd.confをちょっとだけ調整(詳細は省略)。それからPHPをCGIとして動かすためにphp-cgiwrapパッケージをインストールしました。

ちょっと動かしてみた感じでは確かに軽快な印象を受けました。で、うちではこの環境を使うために、別の仮想マシンのCentOS5.2に展開しているApacheからリバースプロキシ経由でUbuntuのlighttpdにアクセスさせています。しかもUbuntu、CentOSの両方とも同じAtomサーバー上で動いているというこの意味のなさw。とりあえずお遊びと言うことでご容赦を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.