CEATECで見つけた(個人的)おもしろ展示


11/3~11/4にかけて、CEATECを見に行きました。携帯電話業界からもdocomoやKDDIが大きく展示を行っていましたが、ここではもう少しマイナー系で、個人的に興味をひかれたものを紹介します。

DSCN1009 DSCN1012

富士ソフトブースより、FSKAREN(左)とBlackBerry(右)の展示です。FSKARENはWindows Mobile機をずらっと並べて実際に動作を試すことができたほか、Androidエミュレータ上でFSKARENを動かすデモが行われていました。BlackBerryは動作可能端末の展示の他、業務アプリケーションとの連動の様子を見ることができました。富士ソフトとしては、BlackBerryの環境構築とカスタムアプリ開発を一手に請け負えるというのが売りのようです。docomoのBlackBerryコーナーは黒山の人だかりでなかなか端末までたどり着けませんでしたが、こちらは意外な穴場で、存分に端末をいじることができました。

DSCN1087 DSCN1095
DSCN1097 DSCN1098

UQコミュニケーションズブースより、世界のモバイルWiMAX端末の展示です。WiBroを先行展開してるだけあって韓国の端末が多かったですが(上段)、Nokia端末(下段左)や、PC組み込み用のIntel製ボード(下段右)なども目につきました。2009年サービス開始と言われているUQコミュニケーションズのモバイルWiMAX、我々にどんな新しいモバイルワールドを示してくれるのか楽しみです。

DSCN1124 DSCN1128
DSCN1126 DSCN1185

ミツミ電機ブースより、こちらもモバイルWiMAXモジュールです。USB接続型(上段左)とSDカード型(上段右)が展示されていました。実際に通信している状態の物(下段左)もあったので、完成度は高そうです。そのほか非接触充電のデモ(下段右)も行われていました。

DSCN1131 DSCN1132
DSCN1134 DSCN1136

京セラブースより、モバイルWiMAX(上段左右)、次世代PHS(下段左)、iBurst(下段右)の展示です。次世代PHSは基地局のみの展示でした。そろそろ動く端末を見てみたい気がするのですが。

—-

やはりこういう展示会は楽しいですね。先端技術に興味のある人であれば、多少の旅費を払ってでも見に行く価値はあるかと思います。私も毎年通うことになりそうです。

CEATECで見つけた(個人的)おもしろ展示」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: K-MAX BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.