固定IPにハァハァしてみる&IPアドレス枯渇を憂えてみる


何となく見たWebページで「IPアドレス枯渇」の話題が取り扱われていました。興味を持っていろいろ調べてみると、2010年くらいには現行のIPv4アドレスがなくなるとのこと。本質的な対策はIPv6への移行だが、それまでの暫定策としてNATをプロバイダレベルで行う「キャリアレベルNAT」が考えられるとのこと。

…ということは、プロバイダのレベルでNATされてしまうと、内側からのアクセスはともかく自宅サーバーは絶望的と言うことですかそうですか。自宅サーバーは現在それなりに便利に使っているので、これが使えなくなるのはやばいなあ。IPv6移行すればいいんでしょうけど、携帯電話からのアクセスはIPv4しかできなさそうだし…。というわけで、とりあえず今固定IPを割り当ててくれるサービスをいろいろ物色することに。固定IPを割り当てるサービスを調べるにはこのページが便利です。

最初に目をつけたのはi-revoです。ここは「ゲーム専用コース」と称して、月額525円でBフレッツ(ハイパーファミリー)接続+固定IPを提供しています(自宅サーバー可)。ただし転送量制限が5GB/日と少々きつめ。転送料が問題にならなければ圧倒的にお得なサービスで、実際に試した限り大きな問題もなかったのですが、将来を見据えてもう少し余裕のあるサービスを探すことに。

いろいろ紆余曲折あったのですが、まずはInterlinkのサービスを使うことにしました。ここはBフレッツ(ハイパーファミリー)接続+固定IPで月額2,100円、転送量制限は14GB/日ということで、まあいい落としどころかなと。一部の自宅サーバーへのトラヒックをInterlinkに割り振りましたが、今のところ正常に動作しているようです。2ヶ月の無料体験期間中に十分評価して、問題がなければ使い続けることにします。

でもできることならとっととIPv6移行したいんですよね…。みんな今ひとつ危機感がないように思いますが、このままだとIPv4枯渇のタイミングで「IPアドレスをよこせ!」とかいう暴動が起きかねないですよ本当に。IPv6への動きが加速することを願わずにはいられません。とりあえずプロバイダにはIPv6が使える一般ユーザー向けサービスを早く開始してほしいですし、BUFFALOやIODATAにはIPv6が通る(IPv4と同じ感覚で使える)ブロードバンドルーターを早く製品化してほしいところです(私が知らないだけ?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.