第1世代ケータイソムリエを目指して


“ケータイソムリエ”試験こと「MCPCケータイ実務検定」、実施日は1月28日に (ITmedia)

複雑化した携帯電話のサービス・料金を消費者にわかりやすく提供する能力を評価する「ケータイソムリエ」試験こと「MCPCケータイ実務検定」。いよいよ試験実施日が2009年1月28日(水)に決定したようです。自分は携帯電話の販売をやっているわけではありませんが、ケータイプロ集団K-MAXメンバーとしては手を出さなくてはならないでしょう

試験は東京、大阪に加え、名古屋でも実施する。受験料は8400円で、申込期間は11月4日から12月19日。受験資格は満16歳以上。試験問題は4者択一形式の60問で、試験時間は10時から11時の1時間を予定している。試験問題は2008年10月末に刊行予定のMCPC監修「モバイル基礎テキスト」から出題する。

試験会場札幌はなしですか…orz…いいですよいいですよこのためだけに東京まで行きますから。モバイル検定もモバイルシステム技術検定も東京まで受けに行きましたから、今更どうということはないです。

「モバイル基礎テキスト」、必読ですね。MCPCの試験は(少なくともモバイルシステム技術検定は)テキストからほとんどそのまま出題されるので、テキストを暗記することが合格への早道だと思います。

なお、実際に店頭などで消費者向けに携帯電話の販売を行う合格者には、有効期間1年間の「ケータイアドバイザー」のMCPC認定カードを発行し、更新を義務づけるという。その他の合格者には、全員に合格証を発行するが、更新期限は設けない方針だ。

ケータイアドバイザーの称号を維持するためには1年ごとに試験を受け直すという意味ですね。わかりましたいいでしょう。1年おきに東京まで試験受けにいってやるっ!

…この検定がメジャーになってからでもいいので、札幌でも試験やってくれませんか?->MCPC様。モバイルシステム技術検定も2級を受けたときは東京でしたが、1級は札幌で受けられたので、一応ほのかな期待をしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.