iPhoneのSafariで今更気づいたこと


iPhoneのSafariは最大8つまで画面(PCのブラウザでいうところのタブ)を開いて、複数Webページを同時に開くことができますが、この複数画面機能について、最近妙な挙動に気がつきました。

あるWebページを開いておいて、その後で別の画面でWebページを開くと、最初の画面に切り替えたときにページが再読み込みされることがあります。このとき最初のページは再読み込みで戻ってくるのですが、それまでの履歴がごっそり消えてしまっているので、前のページに戻ることができず難儀します。

後で読み込むページが重いほど、最初のページが再読込される割合が高いように感じられることから、メモリ不足になったときにページのURLだけを覚えておいてページ内容を解放しているのではと推測します。まあSafariごと落ちられるよりはましですが、ちょっと気になる挙動ではありますよね。iPhoneは慢性的にワークメモリが少ないのでしょうか?

動き的にはまあ妥当だと思うのですが、ページ履歴は覚えておいてほしいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.