【勝手にブックレビュー】モバイル基礎テキスト


昨日(11/2)購入して、今日(11/3)までに完読しました。

DSCN1259

レベルはそれほど高くなく、携帯電話のことをよく知らない人でもそれなりに読みやすい本です。「本書の利用方法について」という箇所には、本書の対象読者について以下のように書かれています。

本書は、ケータイ業界を目指す学生の方をはじめ、ケータイ業界に入られて間もない新人の方、ケータイに関する実務にすでに就かれているものの日常業務に追われまとまった学習をする機会のなかった方等、幅広い層の方々に「モバイル機器とサービスの基礎」について理解していただくよう、わかりやすくまとめた解説書です。

ただし、MCPCの試験はテキストの内容がほぼそのまま出題される傾向が高いため、「ケータイ実務検定」「モバイル技術基礎検定」を受験するつもりならば、たとえ知っていることしか書かれていなくてもこの本を手に取るべきだと思います。巻末には各試験の想定問題が掲載されているため、試験のレベルをイメージするためにも一度目を通しておく必要があるでしょう。

個人的には、料金プランの概念説明や、携帯電話にまつわる法規についての記述が参考になりました。ケータイマニアとして業界動向を追っていると、技術的な面を優先して学習しがちなので、普段あまり学ばないことを復習することは試験対策として必要だと思います。

というわけで、これから何度もこの本を読み返して、ケータイ実務検定の試験に備えようと思います。

#資格名に「ケータイ」ってカタカナで入っているのってすごいですよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.