携帯電話技術動向の流れが変わった?


KDDI、次世代通信技術でLTE導入へ (Impress)
携帯向け放送の方式提案、ソフトバンクがISDB-Tmmに変更 (Impress)

3G世代ではcdma2000を採用していたKDDIが、3.9G世代ではcdma2000系列のUMBではなく、GSM-WCDMA系列のLTEを採用するとのことです。また携帯電話向け放送でQualcomm系列の技術であるMediaFLOを推していたソフトバンクが方針を転換し、日本のワンセグ系列の技術であるISDB-Tmmを推進すると発表しました。

これらのニュースを知って思ったことは「KDDI涙目だな」と。世界的にGSM-WCDMA系列の技術が主流となる中、cdma2000系列の技術からの乗り換えを推進せざるを得ない状況ですし、MediaFLOも「盟友」ソフトバンクがISDB-Tmmに寝返ったため、少なくとも国内では孤立した状態になりました。系列のUQコミュニケーションズが手がけるモバイルWiMAXも、Intelのチップセットに内蔵されてすべてのモバイルPCでサポートされるという当初のもくろみはほぼ絶望的ですし、世界的な立ち上がりも今ひとつ見えなくなってきています。何というか「賭けた」技術がことごとく外れているような感じで、最近のKDDIの迷走を象徴しているような感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.