ソフトバンクの取扱説明書が2,000円!?(追記:本当は1,050円でした)


という話をあちこちで(というよりほとんど2chで)見かけるのですが本当でしょうか。取扱説明書を省略して環境保護に役立てるというのはわからなくもないのですが、取扱説明書を有料で、それも2,000円も取って提供するというのであれば話は別で、搾取しているような印象がどうしても強くなってしまいます。

【追記:正確には取扱説明書費用が1,050円、送料が525円です】

この手のものは見せ方一つでずいぶん印象が変わるはず(端末原価を2,000円あげておいて「取扱説明書を辞退すれば2,000円引き」とか)なのに、こんなにあからさまにお金が欲しいオーラを出してしまうSoftBankがちょっと信じられないです。

Yahoo!ケータイトップページ課金といい、My SoftBankのFlash化(そしてもちろん有料)といい、最近のSoftBankはちょっとおかしい、具体的にはお金にがめつすぎるような感じがします。もちろん営利企業ですから利益を追求するのは当たり前なのですが、あまりにあからさますぎると顧客にその雰囲気が伝わって敬遠され、結局利益を追求できなくなるような気がします。もう少し顧客よりの考え方になっても罰は当たらないかなと思ったり。

#それほど余裕がないのでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.