KDDI凋落~11月純増数


11月の各キャリア純増数が今日(12/5)発表されました。

キャリア 純増数 備考
docomo 65,100 2in1:2,100
モジュール:9,900
KDDI 15,800 モジュール:6,700
SoftBank 113,000 ダブルナンバー:1,600
モジュール:0
EMOBILE 97,300  
WILLCOM 4,700  

今月の傾向を一言で言うならば、タイトル通り「auの凋落」ではないでしょうか。純増数では携帯電話キャリア中最下位、MNPも最悪(マイナス13,200件、他社はdocomo:マイナス1,100件、SoftBank:プラス13,800件、EMOBILE:プラス500件)。確かにauの冬モデルは他社に比べて魅力が劣ると(個人的には)思っていましたが、ここまで落ちてしまうのかというくらいです。事実上の一人負け状態です。

逆に絶好調といえるのはEMOBILEではないでしょうか。純増No.1こそSoftBankにゆずったものの、データ通信を中心に据える戦略(100円PCなど)がはまっているといえるでしょう。docomoは堅調、SoftBankはいつも通りという感じですね。

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 20,800
EZweb 6,500
Yahoo!ケータイ 80,600
EMnet 4,200

KCP+の不安定さに泣かされ、800MHz再編に伴って基地局整備を余儀なくされ、cdma2000から系統の違うLTEへの移行を強いられ、さらにこの状態です。KDDIは本当に波が引いたような状態ですね。ただKDDIは過去にも不調に陥った時期がありました。今回もこのままでは終わらないでしょう(というかそうなってほしいという願望です)。

来月の発表は12月分、冬モデルが本格的に統計に反映され、不況とはいえボーナスやクリスマスなど動きが大きいことが予想されます。冬モデルが支持されるのはどのキャリアか?注目しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.