LaVie RXにWindows 7環境を作る


次世代Windows「Windows 7」のベータ版を、NEC LaVie RX LR500/Bにインストールしてみたものの、そのままではドライバーに不備があり十分に活用できないので、少しあがいてみました。

キーボード(液晶バックライト輝度調節やワンタッチボタンなど)、マウス(NX PADの持つスクロールキーなどの機能)、サウンドについては、こちらのページを参考にして他機種のVista用ドライバを適用し、無線LANとモデムについては、プレインストールされていたXP用ドライバ(初期状態でC:\WINXPに入っているもの)を適用することで、満足のいくWindows 7環境を作ることができました。SDカードスロットは機能しないままですが、このデバイスはVistaの時も満足に動作させることができず、それにいまどきSDHCに対応していないSDカードスロットなど使い物にならないので、しばらくは放置することにします。

これでWindows 7を評価する環境が整ったわけですが、実際の使い勝手などはまた別記事で書いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.