Windows 7の「ライブラリ」


Windows 7には、従来の「ドライブ」や「フォルダ」の他に「ライブラリ」という概念があるようです。

「ライブラリ」には複数のフォルダを含むことができて、ライブラリを開くと含まれるフォルダのファイルが一覧表示されます。Windows 7では「ドキュメント」もライブラリになっていて、自分のドキュメントと公開ドキュメントの2つのフォルダが含まれています。

同じようなカテゴリのファイルが複数のフォルダにばらばらに入っている場合、それらを横串にまとめてカテゴライズできるのが「ライブラリ」の特徴でしょうか。まだ十分に使いこなせていないのですが、もう少し触ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.