SoftBank、EMOBILEのMVNOになる!?


ソフトバンクも定額制データ通信、イー・モバイルと提携へ (YOMIURI ONLINE)

SoftBankがEMOBILEの回線を借りて、PC向け定額データサービスをおこなう方向で調整中という話題です。

EMOBILEの回線を借り受けてサービスを行うMVNOは、今までインターネットサービスプロバイダを中心に活発に行われてきましたが、すでに携帯電話ネットワークを保有している会社が別の携帯電話会社から回線を借り受けて自社サービスとして提供するのは、過去に例がないのではないでしょうか。

今回の話を聞いて最初に思ったのは「ああ、SoftBankの網はそこまで余裕がないのか」ということですね。自社ネットワークで定額データが実現できるならわざわざ他社から借りないでしょうから、EMOBILEから回線を借りるというのは自社ネットワークがカツカツであることを白状しているようなものです。ホワイトプランの音声定額を今後も維持できるのかちょっと不安になってきました。

一方EMOBILE側としては、顧客ベースの拡大にSoftBankの営業力を使えるということでメリットを感じたのでしょう。EMOBILEとしては今はとにかく契約者を増やしたいでしょうから、SoftBankの申し出は渡りに船といった感じではないでしょうか。

技術的なことを言えば、SoftBankもEMOBILEもW-CDMA/HSDPA方式で運用していますが、周波数帯が異なる(SoftBank:2GHz帯、EMOBILE:1.7GHz帯)ため、既存のSoftBankのサービスと(EMOBILE網で行う)定額データサービスは明確に区別されることでしょう(端末も別)。ただ、やはり2GHz/1.7GHzデュアルバンド端末によるシームレスサービスにも期待してしまいます。2社の関係がより接近するようなことがあれば、EMOBILEが音声網をSoftBankから借りて相互MVNOのようなこともできるのではないでしょうか。妄想は膨らむばかりですね。

#というかもう合併してしまえばいいのにw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.