Mobile World Congress 2009


Mobile World Congress 2009

スペインのバルセロナで移動体通信の総合見本市「Mobile World Congress 2009」が開催中です。期間中はITmediaやらImpressやらに毎日のようにこれから発売される携帯電話のニュースが掲載されます。全部は扱いきれないので、ここまで目を引いた端末をいくつか。

【Windows Mobile 6.5】

今までのWindows Mobileのカーネル+iPhoneチックなシェルという感じですね。Microsoftが操作性を本気になって考え出したのはよい傾向だと想います。ただ商品になって出てくるときにはTouchFloやらなにやらメーカー独自シェルをかぶせられちゃうんでしょうねぇ。

【Touch Diamond2とTouch Pro2】

Touch Diamond2 Touch Pro2

日本でもおなじみHTCの人気シリーズの正統な後継機種です。Touch Diamond2は背面のダイヤモンドっぽいのが少し穏やかになって万人受けするデザインになったと思います。Touch Pro2はスピーカーフォン機能「Straight Talk」を強調した背面デザインで丸っこくなり、個人的にはDiamond2のほうが好みかなと。日本にも早期の導入を期待したいところです(まあ発売はされますよね)。

【Android関係】

Googleの携帯電話OS「Android」ですが、今のところ商品レベルの発表はないようです(NVIDIAのプロセッサがAndroid対応したとか言うのはありましたが)。Androidスマートフォンがジャンジャン発表されるのを期待していたので少々肩透かしを食らった気分です。

【Symbian関係】

Symbian関係もぼちぼち発表されていますね。NokiaのスマートフォンとApp Storeもどきの「Ovi Store」、ソニーエリクソンの12メガピクセルスマートフォン「Idou」などなどという感じです。ソニーエリクソンは「XPERIA X1」ではWindows Mobileを採用しましたが今回はSymbian、最終的にどっちに肩入れするんでしょうね。それにしてもIdouの背面、S001に似すぎですw。オペレータパックをインストールしてdocomoあたりから出てくれないものでしょうかねぇ。

l_si_mwc09-idou-02

この話題は、会期が終了するまでぼちぼちと書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.