iPhoneアプリ「ぱんたいま~」でパン作りの巻(1次発酵編)


私(の会社)が開発したiPhoneアプリ「ぱんたいま~」を使って、実際に食パン作りをしてみます。ここではこねた生地を1次発酵させて膨らませます。

生地が乾燥しないようにラップをかけて、暖かい場所で発酵させます。私の場合、写真のように人肌ほどの温度のお湯で湯せんをして、お湯の温度に注意しながら1時間半ほど置きます。ぱんたいま~できちんと時間を計っています。

DSCN2094 DSCN2096

1時間半ほど経過したところで、打ち粉をしたまな板の上に生地を出し、手で押して大きな気泡を抜きます(パンチ)。中央から端へ気泡を押しやるように押します。その後で生地を折りたたんで再びラップをかけて、さらに40分ほど発酵させます。

DSCN2098

ちなみに、「ぱんたいま~」の1次発酵タイマーが2個存在するのは、最初の1次発酵と、パンチ後の1次発酵の時間をそれぞれ計るためです。

次は生地を切って丸め、ベンチタイムを取ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.