2009年3月純増数


今日(4/7)、2009年3月の携帯電話キャリア純増数が発表されました。

キャリア 純増数 備考
docomo 278,200 2in1:1,100
モジュール:-21,100
KDDI 223,100 モジュール:7,700
SoftBank 381,700 ダブルナンバー:2,700
モジュール:24,100
EMOBILE 121,900  
WILLCOM 6,100  

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 232,700
EZweb 213,000
Yahoo!ケータイ 272,400
EMnet 1,300

MNP転入出は以下のとおり。

キャリア MNP転入出
docomo -31,900
KDDI 5,600
SoftBank 33,400
EMOBILE 0

今月は各社とも好調だったようで、全キャリアの純増数合計が100万を突破しています。そんな中で細かく見ていくと、docomoのMNP転出数とモジュール純減数が気になるところ。SoftBankのモジュール純増数(24,100)と、docomoのモジュール純減数(-21,100)が拮抗していることから、どこか大きな会社のモジュールが丸ごとdocomoからSoftBankに乗り換えされたのではと推測しますがどうでしょうか。docomoは純増数が確保できているからと油断すると、このあたりで足元をすくわれるかもしれません。

KDDIがdocomoと同数程度の純増を確保したこともトピックです。一時期調子の出なかったKDDIも、年度末商戦にはそれなりの結果を残せたようです。これからはiidaも控えていますし、もう一段の飛躍を期待しておきます。

SoftBankはまたも純増首位を確保しています。ただ純増数における関東管轄の割合が72%近くになっており(docomoは42%、KDDIは38%、管轄が微妙に違っているので単純比較はできませんが)、とにかく数のとれる首都圏で徹底的に数を取る、あるいは法人契約(関東管轄にカウントされる)を取りに行くという戦略が透けて見えます。逆にいえば、他地域では必ずしもSoftBankが1位ではないわけで、たとえば北海道ではKDDI > docomo > SoftBankになっています。この関東偏重の傾向があとで問題にならなければいいのですが…。

EMOBILEは、上位3社の勢いから少々置いていかれたような感じです。データ端末だけでは潜在ユーザー数に限りがありますし、首都圏ではネットワークの混雑が激しくなっていると聞きます。データ端末以外の手を打っていく必要があるのではないでしょうか。

WILLCOMはいつもどおりわずかな純増で、見るべき数字はない感じです。

3月は携帯電話商戦が盛り上がったことが数字から伺えますが、その反動として4月の純増は少なくなることが予想されます。少ないパイをどのキャリアが奪っていくのか、来月のお楽しみとしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.