SoftBank、通信障害で総務省から文書指導


総務省、ソフトバンクモバイルに文書指導――4月19日の通信障害について (ITmedia)

4/19に発生したパケット通信の障害について、SoftBankが総務省から文書指導を受けました。

総務省が問題とした点は、

総務省は4月19日にソフトバンクモバイルから通信障害についての報告を受け、「システムの信頼性向上対策や障害の極小化対策など、設備管理のために必要かつ適切な措置が十分になされていなかった」としている。また、通信障害のユーザーへの通知についても「十分な説明が行われていなかったことで利用者に不安を与えた」と指摘。

って結構メタメタに言われてますね。まあ確かに障害発生の当日は日中まったくパケット通信が使えなかったので、SoftBankメインで使っていた人にとって見ればそれは大変な事態なわけで、このくらい言われても仕方ないところでしょう。

SoftBankには今後の改善を期待したいところです。

#インフラである以上「安かろう悪かろう」で超えてはいけない一線ってあると思うんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.