docomoの満足度向上施策


2009年度のお客様満足度の向上やCSRなどの取組みについて (docomo)

料金面ではまず「パケ・ホーダイ ダブル」「Biz・ホーダイ ダブル」の料金の下限が490円に値下げされます。上限は変わりません。またファミリー割引・オフィス割引のグループ内のiモードメールで今まで有料だった大容量のメールも無料となります。

データ通信関係では「定額データプラン スタンダード」を新設。今までの「定額データプラン HIGH-SPEED」を置き換えるプランとなり、単純に今までより値下げとなります。また2年縛りの「定額データ スタンダード割」を導入することによりさらに割り引かれ、結果として「定額データプラン スタンダード バリュー」で1,000円~5,985円、「定額データプラン スタンダード」で1,735~6,720円の料金となります。

携帯電話の簡単な点検サービス「ケータイてんけん」、「電池パック安心サポート」サービスでは電池パックのほか補助充電アダプタも選択可能となります。

サービス面では「iコンシェル」に位置情報連動機能を追加(2009年下期)、上り通信速度最大5,7MbpsのHSUPAも首都圏駅主要駅周辺からサービスを開始します。

その他エリアに関する改善、CSRの取り組みなど、とにかく盛りだくさんの発表です。今日はdocomoの決算発表があったので、それに合わせての発表ということなのでしょうが、これだけの施策をいっぺんに発表するあたり、やっぱりお金のあるところは違うなと思ったりします。なんだかんだいってやっぱりdocomoは強いなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.