携帯夏モデル発表会午後の部~docomo~


2009年夏モデルに18機種を開発および一部機種を発売

午前中のSoftBankに続き、午後はdocomoの携帯夏モデルが発表されました。大きなトピックとしてiモードブラウザの拡張(JavaScript対応、リアルVGA対応、Cookie対応などなど)があります。去年の秋にN-01Aを買ってしまった身としては、後継のN-06Aが結構かっこよくなっていることもあって何気に悔しいorz。でもこれで冬モデルはまた全機種HSUPA対応とかなって、来年になればLTEも見えてくるので、追っても追っても追い切れないんですけどね。

もうひとつ、何といっても今回の目玉はGoogleの携帯電話OS「Android」搭載ケータイが日本初登場することでしょう。

HT-03A

最初にAndroidの話題が出てからもう2年くらいたつでしょうか。ついに日本でもAndroid端末の実機が触れるようになるんですね。感激です。もう購入は確定事項なのですが、もう1回線増やしてしまうか、どれかの機種変更orMNPで賄うか悩ましいところです。

そのほかだらだらと思ったところを書いてみようかなと。

・F-09AはやっぱりN-01A・N-06Aのベターコピーな感じですね。NECの技術者悔しがっていそうです。でも個人的にはN-01A・N-06Aを応援したいところ。

・N-08A・N-09AはN-02Aの後継機種ですが、N-02Aで見られたプラスチックの成形不良(えくぼ)なければいいなあと思います。

・なんかF-09AとHT-03A、T-01A以外は、過去機種の使い回しですよね。NやPなんかはSoftBankにも使い回してるし、ここまで共通化が進んだならもうSIMフリーでいいかもしれませんね。

総括としては、HT-03A購入決定(契約形態未定)。この夏は本当はKDDI(W54T)を機種変更したいんだけどなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.