プッシュトークの盲腸


ドコモ夏モデル、プッシュトークに対応している機種は? (ITmedia)

すでに来年(2010年)9月にサービス停止が決まっているdocomoの「プッシュトーク」ですが、この夏モデルのうち、N-06A、N-08A、N-09AとP-07A、P-08Aにプッシュトークボタンが残っているとのこと。

「プッシュトークの利用者が多数いることを配慮した」(ドコモ)

いや利用者が多数いるならサービス停止しなければいいわけでw。これはどう見ても開発のタイミングとサービス廃止決定のタイミングが合わなかったのでしょう。

別にプッシュトークボタンがあっても、どうせ別の機能と兼用になっているので全くの無駄ボタンにはならないのでしょうが、何となく盲腸な感じがして違和感が。せっかく新しい端末を買うのであれば、なくなることが分かっている(かつもう使わない)機能のボタンはあってほしくないなあと個人的には思うわけです。

#いやそれだけなんですけどね…。

プッシュトークの盲腸」への2件のフィードバック

  1. 春里

    基本的にプッシュトークボタンがまだ残っているのはNとPみたいですね。
    不具合による販売停止の件を考えても、NとPは開発期間が相当ギリギリだったようにも感じますね。最近はレスポンスもSymbian陣営に負けてますし、NとPには頑張ってほしいものです。

  2. えど 投稿作成者

    春里さんコメントありがとうございます。

    プッシュトークボタンがN/Pで残っていてF/SHで残っていないのは、Linux陣営のほうがむしろ全体的なスケジュールが早かったためではないかと想像します。仕様フリーズのタイミングが早かったため、フリーズ後にプッシュトーク廃止が決まってしまったと。機能を取り除くにもそれはそれでテスト項目が必要になる(仕様書に「プッシュトークが機能しないこと」とか書かれる)のでそのまま流したという感じではないでしょうか。

    今回の不具合についてはiモードブラウザ2.0全体の問題のようですので、OSの別は特に関係していないだろうと推測します(Symbian陣営も内部的には発売延期になっていると聞きます)。ただレスポンスに関しては同意ですね。私が使用しているN-01Aも全体的にワンテンポ遅れて反応してくる感じが残っており、もう少し機敏に動いてくれないかなと思っています。Symbian端末はずいぶん良くなっているようなので、夏モデルが発売されたらまさかの半年で機種変とかも考えていたのですが、この騒動でモチベーションが落ち気味ですorz。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.