P-09Aのいいところ、悪いところ


docomo2009年夏モデル、docomo SMART series P-09Aを昨日(6/20)ゲットし、ルンルン気分でいじりまくっています。いいところや悪いところも大分見えてきたので紹介しようかと思います。

まずはいいところから。

【いいところ:通話音質】

P-09Aは通話音声の高い周波数を補完して音質改善をする「ナチュラルトーク」機能や、周囲の騒音を抑制する「しっかりトーク」機能を搭載してます。実際に機能をON/OFFして聞き比べると、はっきりと差がわかるほど音質が改善されます。人工的な補正なので若干合成音声のような不自然さが出ますが、聞き取りやすさは格段にアップします。携帯電話の電話としての側面を大事にしたP-09Aの美点だと思います。

【いいところ:ワンセグ】

P-09Aはワンセグの15フレーム/秒の動画を、フレーム補完により60フレーム/秒にして再生する「モバイルWスピード」機能を持っています。正直ただの補完だと思って甘く見ていたのですが、機能をONにすると確かに動画のカクカク感が大幅に減り、自然な動画でワンセグを見ることが出来ます。補完でここまでいけるのかという印象です。またワンセグの受信感度も、私が使っている/いた他の端末(W54T、821SH、N-01Aなど)よりも優れている印象で、他機種ではワンセグをほとんど受信できない私の自宅屋内でもある程度ワンセグを見ることが出来ました(しかもP-09Aは内蔵アンテナです)。

【いいところ:折りたたみ時のクリアランス】

折りたたみ型の端末では、閉じたときにキー側と画面側の間の空間が十分に確保されていないと、画面にキーの形の跡(ひどいときには傷になる)がついて見苦しくなります。実際、N904iを使っていたときは画面につく跡に難儀したものです。

P-09Aではどうかというと、閉じたときのキー側と画面側に、1mmほどのクリアランスがしっかり確保されています。これならば画面につく跡を気にする必要はなさそうです。

image

【いいところ:iモードブラウザ2.0】

これはP-09Aだけの話ではありませんが、iモードブラウザ2.0がページを読み込むスピードは、概して今までのiモードより速い印象です。複数データを並列で読み込むリクエストパイプラインが利いているようで、特にYahoo!モバイルなど、レイアウトが複雑で画像がたくさん入っているようなページを見たときに差がはっきりと表れます。

【いいところ:スタイルとワンプッシュオープン】

これは完全に好みですが、ほどほどの薄さのボディは個人的にはツボで、画面を一発で開けるワンプッシュオープンはやはり便利です。

ここからは悪いところを。

【悪いところ:レスポンス】

P-09AはLinuxベースのソフトウェアプラットフォーム「LiMo」を採用しています。Linuxベースの端末は、もともとLinuxがリアルタイム性能を考慮したOSではないという事情から、どうしても他のプラットフォーム(docomoで言えばF、SHが採用しているSymbian)より操作のレスポンスが悪くなってしまいます。

P-09Aの場合、

・待ち受け画面からMENUボタン押下でメニュー画面に遷移するまで約1秒
・待ち受け画面からメールボタン押下でメールメニューに遷移するまで約1秒
・メールメニューから「新規メール作成」でメール作成画面へ遷移するまで約1秒
・待ち受け画面からiモードボタン押下でiモードメニューに遷移するまで約1秒(iモードボタンの機能をiモードメニュー表示」にしているとき)

と、主要な機能においてボタンを押してから機能が開くまでワンテンポある印象です。個人的には許容範囲だとは思うのですが、購入される方は一度ホットモックや実機でレスポンスを確認したほうがよいでしょう。

【悪いところ:メールがインライン入力でない】

これは購入してみてからわかったのですが、iモードメールの文字入力がインライン(カーソル位置に直接文字を入力できる)ではありませんでした(上)。

同じLiMoベースのN端末(N-01A)がインライン入力になっていた(下)ので、てっきりPも対応しているのかと思っていました。

DSCN2398

DSCN2401 

【悪いところ:ボタン】

好みの要素が強いと思いますが、P-09Aのようなシートキーは押しづらいという人もいるかもしれません。ただしP-09Aの場合は、シートキーの上にボタンの形の段差がつけられているため、前モデル(P-04A、05A)のレリーフキーよりは押す場所がわかりやすいです。

【悪いところ】画面のフォント

P-09Aの画面はFWVGA(480×854)で、最近のトレンドと比較して劣ったものではありませんが、画面のフォントに強めにアンチエイリアスがかかっていて、ぱっと見た鮮明感といったものはあまり感じません(N-01AなどN端末のほうが鮮明感が強い)。ただその分目にやさしいということもいえます。

以上、いいところと悪いところを無責任に並べてみました。もしP-09Aを検討されている方の参考になれば幸いです。携帯電話は最近では安い買い物ではなくなっているので、後悔のない買い物をしたいものですね。ちなみに私は、P-09Aに大変満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.