首都圏の8都県市がフィルタリング設定でキャリアに要望書、そして…


首都圏の8都県市がフィルタリング設定でキャリアに要望書 (Impress)

大まかな記事の内容はタイトルどおりで、

すべての携帯電話に初期設定でフィルタリングを設定し、青少年の発達段階に応じて保護者がフィルタイリングの度合いを段階的に設定できるようにすることと、年齢確認を徹底し、フィルタリング解除の際には保護者に十分な説明を行うこと

を携帯電話キャリアに要望したという内容です。

一方記事の後半では、ソフトバンクモバイルの営業戦略部担当課長(38歳・男)が児童買春・児童ポルノ禁止法違反で逮捕されたことを取り上げています。なんともかんとも。言われたそばからという感じです。SoftBankの中の人がそんな人ばかりではないのは言うまでもないでしょうから、青少年の健全な携帯電話の利用のために尽力してほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.