SoftBank、月月割をついに「改悪」


【SBM】ついに8月19日より月月割改定へ (SoftBankMobile Fan!)

沖縄、中国、四国でテストマーケティングを行っていたSoftBank新スーパーボーナス「月月割」改定(改悪)ですが、ついに8/19より全国展開するようです。公式に発表があったわけではないのですが、上記リンクは過去いくつもの先行情報を掲載してきている上、SoftBank情報サイトMOBILEDATABANK(こちらも正確な先行情報に定評あり)でも同じ情報が出ているのでまず間違いないでしょう。

改定の内容は、新スーパーボーナス契約において、月月割の割引対象から基本使用料が対象外になるというものです。

最初にお断りしておきますが、この改悪は8/19以降に新スーパーボーナスで端末を購入した場合に適用され、現在すでに契約されている新スーパーボーナスには影響を及ぼしません。また、端末の費用支払いをすでに終了している場合も影響はありません。

さて、今回の改悪について、具体例を挙げて説明します。821SHを新スーパーボーナス分割払いで新規契約し、ホワイトプラン、S!ベーシックパック、ダブルホワイトに加入し、通話料が500円かかったとします。ユニバーサルサービス料は(大勢に影響しないため)省略して考えます。また、消費税に関わる細かい端数のずれはご勘弁ください。各種料金は2009年7月11日現在のものとします。この場合、改悪前の月々支払い額は、

A.端末費用:

2,000円(821SHの端末分割費用)

B.基本使用料

980円(ホワイトプラン)

C.基本使用料以外の月額料金

315円(S!ベーシックパック)+980円(ダブルホワイト)+500円(通話料)
= 1,795円

D.月月割:

2,000円(821SH新規契約時)

で、1ヶ月に実際に支払う金額Pは

P = A + Pos(B+C-D)

となります。

ここで便宜上、関数Posを以下のように定義します。

Pos(x) = x > 0 ? x : 0

プログラミング言語的に書いてしまいましたが、要するに引数xが正の場合はそのまま、0または負の場合は0にするという意味です。月月割は端末費用からは減算されず、それ以外の料金からのみ減算され、減算の結果がマイナスになった場合は0となるためこのような計算となります。

で、上記の場合は、

P = 2,000 + Pos(980 + 1,795 – 2,000)
= 2,000 + (980 + 1,795 – 2,000) = 2,775

となり、月々の支払いは2,775円となります。

次に、改悪後の料金について考察します。改悪後に1ヶ月に実際に支払う金額P’は、

P’ = A + B + Pos(C-D)

となります。月月割から基本使用料(B)が対象外となるため、減算の対象がCのみとなっています。

実際に計算すると

P’ = 2,000 + 980 + Pos(1,795 – 2,000)
= 2,000 + 980 – 0 = 2,980

となり、今回の改悪により月々の支払いが2,795円から2,980円に値上がりすることがわかります。

今回の改悪では、現在すでにC>Dの状態のユーザー、すなわちダブルホワイトやパケットし放題などのオプションを契約していて、支払い全体のうち基本使用料以外の料金が月月割より多い(または同額の)ユーザーには影響を及ぼしません。例えば上記計算例にプラスしてパケットし放題を上限(4,410円)まで使ったとすると、

P = 2,000 + Pos(980 + (1,795 + 4,410) – 2,000)
= 2,000 + (980 + 1,795 + 4,410 – 2,000) = 7,185

P’ = 2,000 + 980 + Pos( (1,795 + 4,410) – 2,000)
= 2,000 + 980 + (1,795 + 4,410 – 2,000) = 7,185

と、改悪前後の月々支払額が同額となります。

逆に、基本使用料以外に支払いがない(つまりほとんど使っていない)ユーザーの場合、単純な基本使用料分の値上げに近づいていきます。上記計算例からダブルホワイトと通話料を除外して基本使用料だけの状態にすると、

P = 2,000 + Pos(980 – 2,000)
= 2,000 + 0 = 2,000

P’ = 2,000 + 980 + Pos(0 – 2,000)
= 2,000 + 980 + 0 = 2,980

となり、2,000円から2,980円へ、単純に基本使用料980円分値上がりすることになります。

以上から、今回の改悪は基本使用料以外のオプション料金を多く払っているユーザーには影響が少なく、基本使用料だけを支払って利用しているユーザーほど影響が大きいといえます。

一番大きな影響は、いわゆる「スパボ一括8円ケータイ」がなくなるということでしょう。どんな場合でも基本使用料分は支払うことになるので、月々の支払いが基本使用料を下回ることはなくなり、「月額8円で維持できる」ことはありえなくなります。SoftBankユーザーの中には、ホワイトプランの通話定額のみを目当てに2台目の携帯電話としてスパボ一括8円ケータイを使っている人が少なからずいますが、今後はこのような使い方でもホワイトプラン980円分は必ず払わなければならないことになります。スパボ一括8円ケータイは、SoftBankの純増数No.1を後押ししていた面があるため、8/19以降はSoftBankの純増No.1確保が相当厳しくなるのではないでしょうか。先行してこの改悪が導入された九州(沖縄)、中国、四国地域では、6月の純増数が大幅に減少していることからも容易に想像することが出来ます。

また「月額料金はかからないからとにかく契約して」的な商売も出来なくなるため、法人営業部隊などは苦しい立場になるのではないでしょうか。ノルマ達成のために代理店が携帯電話を契約して寝かせているといううわさも一部でささやかれていますが、今回の改悪によりそれも難しくなるでしょう。

さらに今回の改悪は「使用頻度が低いユーザーほど値上げ」になるので、あまり使わないけどとりあえず持っている、(例えば私の両親のような)高齢者層が直接的な被害を受けることになります。このような層の中にはPDCのユーザーも少なからずおり、「第3世代携帯電話への交換が(スパボと月月割により)実質無料」と案内されています。そのつもりで8/19以降にソフトバンクショップを訪れたユーザーにとって「話が違う」ということになりかねません。

SoftBankの内情(特にvodafone買収による負債額)を考えれば、少しでもユーザーから料金を取っていかなければならないフェーズになっているのはなんとなくわからなくもないです。ただ今回の改悪は数字のマジックが巧みで悪意さえも感じてしまいます。このような一方的な改悪を行うのですから、SoftBankにはプレスリリースなり何なりで、きちんとユーザーにわかるように説明してほしいです。沖縄、中国、四国の時はテストマーケティングといういいわけも出来たでしょうが、全国展開ともなればそんな言い訳は通用しません。もし何の公式発表もなくいきなり8/19に改悪が導入されるようなことがあれば…SoftBankはそういう会社だという解釈になります。

ホワイト家(もうすぐSMAPが加わる)のコマーシャルで賑やかしいSoftBankですが、ユーザーの信頼を勝ち取る地道な施策がそろそろ必要だと思うのは私だけでしょうか? ぼちぼち気づく人は気づきますよこれ。

SoftBank、月月割をついに「改悪」」への4件のフィードバック

  1. アキラ

    詳細な情報有難うございます。

    私は中国地方在住でして、まさに本日ご指摘の被害に会うところでした。
    高齢の親に緊急連絡用として古い機種を持たせていたのですが、電池が劣化していたので0円携帯に機種変更しようとショップに行ったところ、月月割は基本料金は対象外とのこと!
    いつからだ? 6月からです・・・ ふざけてる!
    と頭に来た私は席を立ちました。
    その後、ふと思いつきオンラインショップを確認すると、基本料金は対象のままでした。
    んで結局オンラインショップで無事購入できたのですが、もしオンラインショップの存在を知らずに契約した人がいたら、かわいそうすぎる。

    本当にひどい会社ですね。
    長文、失礼しました(^^;)。

  2. えど 投稿作成者

    アキラさんコメントありがとうございます。

    今回改悪の被害に愛想になったということで心中お察し申し上げます。今回はオンラインショップで改悪を回避できたとのことですが、8/19の全国展開後はオンラインショップも同時に改悪になるんでしょうねぇ。

    > 本当にひどい会社ですね。

    SoftBankと付き合うときはだましあいというか、以下に相手をうまく利用するかを常に考える賢い消費者である必要があると思いますね。とにかく自分に都合の悪いことは発表せずにさっと実行してしまう狡猾な会社ですから…。

  3. aquila

     まさしく、だましあいですね。
     8月には家族が持っている8円ケータイが2年になります。26ヶ月を超えると988円になってしまうので、8月18日以前に改めてスパボ一括端末を買うか悩むところです。山盛りに付けさせられるオプションを外すのも面倒ですし、約款上は既契約の改悪もありえます。離れて住んでいるのでフォローにも限界があります。
     なので、この際二台目のSBM契約はやめにして、一台目で持っているauケータイに指定通話定額を設定する方がいいのではないか、と考えています。

  4. えど 投稿作成者

    aquilaさんコメントありがとうございます。

    ブログ拝見いたしました。コメント欄にいろいろなゲストの皆さんが参入してなにやら大変そうで、心中お察しいたします。

    私の両親もSoftBank(2G)ユーザーですが、孫社長が怪しいということは重々承知していますw。ただ今回のことは知らないと思うので、8/19を迎える前に一度両親に事情を説明して判断を仰ごうかと。

    「だましあい」をうまく制することが出来れば、それほど悪くないとは思いますが->SoftBank。初心者にはオススメできないキャリアになってしまいましたね。iPhoneか通話定額狙いという感じで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.