2009年7月純増数


今日(8/7)、2009年7月の携帯電話キャリア純増数が発表されました。

キャリア 純増数 備考
docomo 143,600 2in1:1,700
モジュール:-1,200
KDDI 56,600 モジュール:15,100
SoftBank 137,600 ダブルナンバー:1,800
モジュール:31,200
EMOBILE 76,100  
WILLCOM -18,500  

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 39,800
EZweb 31,800
Yahoo!ケータイ 68,600
EMnet 500

MNP転入出は以下のとおり。EMOBILEからの転出があるのが面白いところ。

キャリア MNP転入出
docomo -11,200
KDDI 2,200
SoftBank 9,200
EMOBILE -200

今月最大のトピックは、なんと言っても純増数でdocomoがSoftBankを抑えて首位に立ったことでしょう。内容を細かく見ると、MNPは転出超過ですし、iモード契約数は他社と同等か劣る程度なのですが、データ通信系の契約(自社、MVNO向け)が後押しした形になります。どんな形であれ1位は1位、まずはおめでとうというところでしょうか。

一方のSoftBankは、docomoに首位を奪われたということを置いておいても、数字の随所に変調の気配を感じます。まず先月-100だったモジュール系契約が31,200件獲得されています。デジタルフォトフレームPhoto Vision HW001がここに数えられるかどうかは不明ですが、純増の質が先月と違うのは事実。また、関東地方への一極集中(107,800件)も目立ちます。

月月割の対象から基本使用料が除外されている中国・四国・沖縄の純増数は以下のとおり。

地方 2009年6月 2009年5月 2009年6月
中国 900 100 2,300
四国 500 500 1,500
九州
(沖縄含)
3,800 4,000 7,300

中国地方では先月から若干の改善が見られましたが、全体として数字を作れていない印象は否めません。このまま8/19に全国展開されたらどのような数字になるか、SMAP効果で穴埋めすることができるかどうか、来月のSoftBank純増数は見ものかもしれません。

EMOBILEは相変わらず堅調ですが、今後UQとの競争が激しくなっていくのでしょう。KDDIは純増を確保していますが、他者と比較して存在感の薄さが気になります。WILLCOMは純減で、XGPまではやむなしかと。

首位陥落したSoftBankですが、逆に言えば「純増No.1」の重石が外れるともいえるわけで、数だけを追った営業戦略を改め、無理のない顧客本位のサービス展開をしてほしいなと思いますが…どうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.