メインマシンパーツ組み込み記


メインマシンのマザーボード・CPU・メモリを以下に交換したときの映像記録です。

CPU: AMD Phenom II X4 945
M/B: GIGABYTE MA785GT-UD3H
MEMORY: ADATA DDR3 2GB×2

開封してマザーボードとご対面です~。新品のマザーボードを手にするのはもう何年振りでしょう。憧れのPCI Expressですよ~(←時代遅れの私ですw)

DSCN2445

で、こっちがCPUです。AMD Phenom IIの文字がまぶしいです。この中にコアが4個も入っているなんて、いままでずっと偽者デュアルコア(=Hyper Threading)のPentium4で我慢してきた身としては信じがたく。

DSCN2447

CPUについてきたクーラーです。とりあえずリテールのままで組み立てておくことにします。最近の単品売りのCPUクーラーは大きいですね。

DSCN2449

CPUクーラーの裏にはあらかじめシリコングリスが塗布されていました。最初の1回だけですがお手軽に組み立てができますね。

DSCN2453

マザーボードにCPUを装着。マーク(写真ではCPU左下)を目印に装着します。

DSCN2452

CPUクーラーを装着したところ。AMDのCPUクーラーは金具になっているので作業しやすかったです。とはいえ、マザーボードをケースに組み付ける前でないと作業が面倒そうですね。

DSCN2455

メモリを装着。デュアルチャネルで動作させるためには同じ色のスロットに2枚差し込むべしとマニュアルに書いていました。

DSCN2457

もろもろつないだところです。ケーブルが汚いのは気にしないw。

DSCN2460

で、無事BIOSまでは起動したのですが…

DSCN2462

このあと、Pentium4で動いていたWindows VistaのHDDをそのまま起動させようとしたところ、一瞬ブルースクリーンが表示された後再起動がかかる無限ループに陥ってしまいました。いろいろ試したのですが、試行錯誤するより新規にOSを入れてしまったほうが早いということで、Windows 7 RCをインストールして今に至ります。

初期設定でいろいろあったのですが、現在は安定稼動しています。4万円そこそこで大幅なパワーアップを果たした自宅メインPC。これでHD動画も地デジも大丈夫だぜ!(どっちもあまり見ないけど)。Windows 8までは大事に使いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.