iida新モデル「PLY」「PRISMOID」


KDDIの携帯電話ブランド「iida」から、新モデル「PLY」「PRISMOID」が発表されました。

「PLY(プライ)」は、2008年7月に発表されたデザインコンセプトを商品化したものです。5つの色合いの異なる層からなる外見や、手帳のインデックスのようなタブキーが特徴の端末です。この手の端末でスペック云々言ってはいけないのでしょうが、個人的にはワンセグアンテナを内蔵していない(「東芝外部接続端子用イヤホン変換アダプタ02」をつなぐとアンテナとして機能する)のが残念なところ。KDDIのこの夏の一押しサービスであるはずの「EZニュースEZ」にも非対応のようです。端末のメーカーは公表されていないのですが、まあ東芝でしょうねw。

image

「PRISMOID(プリズモイド)」は、「未来的な未来」をテーマにした形と「使いやすさ」の両立を目指した端末です。ソリッドな外観で個人的には好みの形です。「C4.8」というのは側面の斜面の寸法を表しているそうです。スペック的な面をみると、「ペタメモ」「とじるとロック」「すぐ文字」という機能名から、京セラのK002あたりがベースになっていると推測されます。とすると、画面はQVGAですかね(スペック表には解像度の記述なし)。

image image

今回はもうひとつコンセプト端末が発表されました。携帯がロボットになるという「Polaris(ポラリス)」です。写真の真ん中の画面があるところが外れて携帯電話になるようです。こちらはコンセプト段階で発売は未定とのこと。

polaris

PLYやPRISMOIDは、携帯電話にこだわりがなく、かつデザインにこだわりがある層に向けた商品でしょうね。つまり、自分から最も遠いところにいる商品だとw。というわけで、KDDIについてはauブランドの冬モデルに期待することにします。

PLYがワンセグアンテナを内蔵しないけんはなんだか残念な感じです。機能に必要なものをそぎ落としてしまってはそれはデザインとは言えないのではとも思ったり。

iida新モデル「PLY」「PRISMOID」」への3件のフィードバック

  1. S

    PRISMOIDって、先日見てきたお台場のガンダムの細部の雰囲気によく似ています。
    と思って調べてみたのですがPRISMOIDはガンダムのデザインをしたこともあるシド・ミードの世界観をベースにしているそうで、ある意味納得しました。
    ちなみにお台場の実物大ガンダムは細部がカトキハジのデザインらしいのですが。

  2. えど 投稿作成者

    Sさんコメントありがとうございます。

    > PRISMOIDって、先日見てきたお台場のガンダムの細部の雰囲気によく似ています。
    > と思って調べてみたのですがPRISMOIDはガンダムのデザインをしたこともあるシド・ミードの世界観をベースにしているそうで、ある意味納得しました。

    なるほどだからガンダム好きの私の心に響いたのですねw。

    PRISMOIDは中身がハイエンド志向だったら購入に動いたんですけどねぇ。残念です。最近の京セラKCP端末は使いやすさでは問題なさそうなのですが、やっぱりケータイマニアとしてはハイエンド使いたいじゃないですかw。

  3. S

    PRISMOIDのベースですが、misora・NS01かと思ったのですが、K003だという説もあるようです。
    どちらにしても、もう少し高機能でないとさすがに使い勝手が悪いので(自分の場合、PCサイトビュアーが絶対的に必要)、せめてK002をベースにしてほしかったと思います。

    ところで、待ち受け時間が370時間とau端末にしては長く、性能面でこの点だけは評価しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.