台湾の携帯電話事情を軽く予習


9/19~23のいわゆるシルバーウィークに台湾に行く予定なので、現地台湾の携帯電話事情を予習してみました。

まずは手っ取り早くこちらの記事から。

台湾・台北でプリペイドSIMカード&HSDPAモデムを活用する (マイコミジャーナル:PC携帯)

プリペイドSIMカードの販売先は現地の通信事業者の販売店となるが、街中の販売店ではあまり扱われておらず、購入しにくいのが実情だ。一方、台湾・台北の玄関となる台湾桃園国際空港では、外国人向けにプリペイドSIMカードを販売することが主業務のため、購入の手続きもスムーズだ。台北に到着したら、" 空港でプリペイドSIMカードを購入"。これを鉄則にしたい。

シンガポールに行ったときにはセブンイレブンであっさりプリペイドSIMが買えたのですが、どうやら台湾ではそうは行かないらしく、到着した空港にある窓口で買うのが無難の様子。メモメモ。Taiwan MobileとFar EasToneのプリペイドカウンターがあるそうなので、もちろん両方ゲットしますよw。

ところで、台湾の携帯電話キャリアってどのくらいあるんでしょうかねということで、

GSM Coverage Maps | Taiwan (GSM World)
Asia Pacific Telecom Co.Ltd (CDMA DEVELOPMENT GROUP)
PHS (Wikipedia)
携帯電話・PHSの事業者一覧 (WikiPedia)
台湾の携帯キャリア… (day by day… life in Taiwan by funnymouth)

情報源がばらばらで申し訳ないのですが、わかった範囲で

【GSM/W-CDMA系列】
中華電信 (Chunghwa Telecom)
遠傳 (Far EasTone)
台湾大哥大 (Taiwan Mobile)

【W-CDMA系列】
威寶電信 (VIBO)

【cdma2000系列】
亞太電信 (Asia Pacific Telecom)

【PHS系列】
大衆電信 (First International Telecom)

ちなみに過去にはGSMで「KG Telecom」「Mobitai」「TransAsia」というキャリアがありましたが、「KG Telecom」がFar Eastoneに、「Mobitai」「TransAsia」がTaiwan Mobileにそれぞれ合併しています。

日本からの国際ローミングは、

・docomo (WORLD WING)
→中華電信 、遠傳 、台湾大哥大、威寶に乗り入れ可能

・KDDI (GLOBAL PASSPORT GSM)
→中華電信 、遠傳 、台湾大哥大に乗り入れ可能

・KDDI (GLOBAL PASSPORT CDMA)
→亞太電信 に乗り入れ可能

・SoftBank (世界対応ケータイ)
→中華電信 、遠傳 、台湾大哥大、威寶に乗り入れ可能

・EMOBILE (国際ローミング)
→中華電信 、遠傳 、台湾大哥大に乗り入れ可能

・WILLCOM (国際ローミング)
→大衆電信に乗り入れ可能

という感じで、KDDIのGSMとEMOBILEがVIBOに乗り入れできないほかは、方式上許されるすべての組み合わせで乗り入れができます。

選択肢のあるキャリアはどこに乗り入れれば得かという話になりますが、資料を見比べるとこんな感じでした。

・docomo:コネクサス・モバイル・アライアンスの仲間であるFar EasToneが、パケット代に一部定額制が適用されお得

・KDDI (GSM):どこでも料金に差はなし

・SoftBank:Chunghwa Telecomが日本への通話料、渡航先国内通話料が安くお得

・EMOBILE:どこでも料金に差はなし

軽く予習するつもりだったのですが、結果としてこのページ印刷して台湾に持っていこうかというくらいがんばってまとめてしまいました。責任は持てませんがw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.