WILLCOM私的整理、XGPの明日はどっちだ?


ウィルコム、返済延長要請へ 私的整理、PHS継続し再建急ぐ (NIKKEI NET)

最初に2chでこの話題が出たとき、アイフルの改変コピペだと思ったのは私だけではないと思います。

アイフル、返済猶予要請を正式に発表 (NIKKEI NET)

実際、内容もよく似ていて、

・取引金融機関に債務の返済期限延長を求める
・事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きに入る
・「債務の株式化(デッド・エクイティ・スワップ)」には踏み込まない

という共通点があります。日経の中の人が本当にアイフルの記事をコピペしてWILLCOMの記事を書いたような類似度ですw。

で、この「私的整理」、要するに借金が返せないからちょっと待ってほしいな~的な話なわけで、実質的に資金がショートして破綻ということなのでしょうね。WILLCOMのPHS事業はデータ通信と通話定額を売りにしていたのですが、最近はEMOBILEやUQなどの高速モバイル通信、KDDIやSoftBankの携帯電話の通話定額の登場で苦境に立たされており、次世代PHSである「XGP」の開始が待たれていたところでのこの私的整理です。XGPの立ち上げに与えるダメージは小さくないでしょう。

2.5GHz帯割り当てのときに「財務が安定している」と評価を受けて選ばれたWILLCOMなわけですから、割り当てられなかった他社の分もきちんとXGPを立ち上げてほしいところですが、もしアイピーモバイルのようになってしまうならば、2.5GHz割り当てのときにWILLCOMを選んでしまった総務省の責任も問われることでしょう。

動向に注目したいと思います(が、今日9/19~9/23台湾に行ってしまうので、帰ってきたときにどうなっているかちょっと恐ろしいかも)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.