SoftBankも帯域制限へ


通信品質確保対策の導入について (SoftBank)

一定期間に大量の通信をする一部ユーザーに対して、SoftBankが12/1から帯域制限に踏み切ります。

前々月の月間パケット数を基準とし、

・パケットし放題、パケットし放題S、パケット定額ライト、パケット定額
~300万パケット以上(PCサイトブラウザ、PCサイトダイレクト利用時は1,000万パケット以上)

・パケット定額フル
~1,000万パケット以上

の場合、当月1ヶ月間のパケット通信速度が制御される場合があるとのこと。

個人的に一番気になるのはやはりiPhoneへの制御がどの程度になるかですね。参考までに私の8月度のパケット使用量は1,864,558(Web)+263(MMS)、7月度は1,407,322(Web)+271(MMS)です。iPhoneの場合はパケット定額フルの1,000万パケットが適用されるので、私の場合はとりあえず制限に引っかかることはなさそうです。

ただiPhoneの場合、PC用サイトなどガンガン見ていたり、アングラな方法でテザリングしたりしていると、あっという間に1,000万パケットの大台を超えてしまう可能性があります。帯域制限に引っかかりたくない人はご注意を。

SoftBankも帯域制限へ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: だほんダホン - カラテカ.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.