Microsoft Security Essentialsに1日1回の自動アップデートをスケジュールする


Microsoftの無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」ですが、ウイルス対策の性能はともかく、自動アップデートがうまく起動しない現象は何とかしたいところ。OSをスリープさせるとうまくいかないようなのですが、詳細は不明です。

もう痺れを切らしてしまって、1日1回の自動アップデートをスケジュールしてしまいました。

C:\Program Files\Microsoft Security Essentials\MpCmdRun.exe –SignatureUpdate

を、1日1回のスケジュールでタスクスケジューラーに登録します。Vista以降であれば、「スケジュールされた時刻にタスクを開始できなかった場合、すぐにタスクを実行する」をチェックしておけば、スケジュールの時刻にマシンの電源が切れていても、次回起動時に自動的にタスクが実行され、1日1回の自動アップデートが保証されます。

なんとなくMicrosoftに負けたような気がしていますが、名より実を取ったということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.