ドイツのレアモノ(?)ケータイに触れる


今日(10/12)はドイツからお客様がいらっしゃいまして、いろいろ珍しいケータイを見せていただきました。

Sony EricssonのW800(左)と、SonyのCMD-J5(右)です。W800はいわゆるウォークマンケータイ、CMD-J5は側面にジョグダイヤルがついた、日本で言うところのクルクルピッピ仕様になっています。

DSCN3225 DSCN3228

CMD-J5の画面です。左はインターネット、右はメインメニューの画面です。白黒なのですごく古く見えるのですが、いまだ現役とのこと。GSMだから現地では今でも使えちゃうんですね。

DSCN3230 DSCN3232

もう1台、BENQ-SIEMENSのS68です。なんとなく731SCを思い出させるシンプルデザインです。こちらも現役バリバリで使用中とのこと。要するにお客様はケータイ3台持ちということですね。

DSCN3234 DSCN3235

その他ドイツの携帯電話のカタログなどたくさんお土産をいただき、楽しい談笑のひとときを過ごさせていただきました。こういうお心遣いにはただただ感謝するばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.