Windows Liveを独自ドメインで使ってみる


Windows Live アドミン センター (Windows Live)

一言で言えば「Windows Live版Google Apps」のようなもので、HotmailやSpacesなどのWindows Liveサービスを独自ドメインで運用することができます。最大500アカウントまで作れるというなんとも太っ腹な仕様(Google Appsは50アカウントまでになったようですね)。

で、設定はこちらを参考にちょちょっとw。

Windows Live Custom Domains 改め、Windows Live アドミン センター つかえる? (universal motor gerat)

非常にわかりやすくまとまっています。ブログ主様に感謝。

で、早速独自ドメインのHotmailでメールを送ってみたのですが…

image

広告入っちゃうんですねorz。こういう表示のされ方をされるとどうしてもフリーメールのイメージになってしまいメインには使いづらいかと。Google Appsは送信メールには広告入らないので、仕事用のメインアカウントとしても十分使えるのですが。この辺検討していただけないでしょうかねぇ->Microsoft様

※Windows Live メールを使用すると広告が入らないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.